具たくさんの汁物は、メインにもなるし栄養補給にもなる優れものです。

 

家にある野菜をいろいろ使って作れるので、主婦にとってもありがたいメニューです。

 

たくさんある汁物の中でも、似ているのが「けんちん汁」と「豚汁」です。

 

どちらも似たような具が入っている、具たくさんの汁物ですがなにか違いはあるのでしょうか?

 

ということで今回は、「けんちん汁」と「豚汁」の違いと、レシピも紹介します。


スポンサーリンク

けんちん汁と豚汁の違いは?両方のレシピは?

「けんちん汁」と「豚汁」の違い

豚汁というからには、豚が入っているはず。

けんちん汁 豚汁 違い
(画像引用元:https://saqwa.jp

ではけんちん汁のけんちんとはいったい何でしょうか?

 

じつはけんちん汁は精進料理です。

つまり肉類は一切入っていない汁物です。

 

由来はいろいろありますが、鎌倉市の建長寺で出された汁、建長寺汁(けんちょうじしる)がなまってけんちん汁になったという説があります。

 

具材をゴマ油で炒めて、醤油で味付けするのが特徴です。

 

精進料理には欠かせない豆腐も入っています。

出汁も昆布やシイタケなど精進ものからとります。

 

豚汁は味噌味で鰹から出汁を取ってもOKです。

「けんちん汁」と「豚汁」のレシピ紹介

けんちん汁の作り方

けんちん汁 豚汁 違い
(画像引用元:http://poporoka.info

【材料】

大根、ニンジン、ゴボウ、長ネギ、里芋などの野菜
こんにゃく
木綿豆腐
だし汁 600cc
ゴマ油 大さじ1
酒   大さじ2
醤油  大さじ1
みりん 大さじ1
塩   少々

 

【作り方】

①さといもは皮を剥いて輪切りにします。(できるなら六角剥きにすると上品です。)
②材料を一口大に切ります。
③木綿豆腐は水切りをして、軽くつぶします。(包丁で切ると上品に見えます。)
④鍋にゴマ油を入れて、豆腐と長ネギ以外の材料を入れ炒めます。
⑤火が通ったらだし汁を加えて煮ます。灰汁が浮いて来たら丁寧に取りましょう。
⑥調味料と豆腐、長ネギを入れて5分程煮ます。
⑦味を調えて完成です。

 

精進料理ですので、肉以外の材料を加えて楽しみましょう。

家で食べる時には、豚肉など入れてもいいですね。

スポンサーリンク

豚汁の作り方

豚汁 レシピ
(画像引用元:http://poporoka.info

 

【材料】

豚肉
大根、ニンジン、ゴボウ、長ネギ、里芋などの野菜
こんにゃく
だし汁 600cc
味噌  大さじ2

 

【作り方】

①材料を一口大に切ります。
②鍋に油を入れて豚肉を炒めます。
③色が変わったら、長ネギ以外の材料を入れて炒めます。
④だし汁を加えて煮ます。灰汁が浮いて来たら丁寧に取りましょう。
⑤味噌と長ネギを加えて味を調えて完成です。

 

汁物は冷める過程で味がしみ込んでいきます。

作ってすぐに食べるよりも、ちょっと時間を置いて馴染ませる方が美味しくいただけます。

けんちん汁と豚汁の違いは「精進」?レシピを覚えて好みで食べよう!

精進料理と肉料理。

けんちん汁も豚汁も材料はほとんど同じです。

 

冷蔵庫にある材料で作れるので、豚肉がある日はとん汁。

豆腐がある日はけんちん汁と作り分けています。

 

我が家の子どもたちは味噌味の方が好きなようですが、あなたのお好みはどちらでしょうか?

 

 

せばな~