お弁当のデザートにキウイを使おうと買いに行っても、スーパーで売っているキウイって代々固いですよね。

 

明日使いたい!と思うのに、どうして固いキウイが売られているのでしょうか?

自分でキウイを柔らかくするには待つしかないのでしょうか?

 

ということで今回は、固いキウイを柔らかくする方法を調べてみました。


スポンサーリンク

キウイが固いときに柔らかくする方法は?

キウイはなぜ固い?

基本的に果物は木の上で熟すと美味しいですよね。

キウイ 固いとき
(画像引用元:http://isyairazu.com

しかし、キウイは木の上では熟さず、収穫したばかりのキウイは固くて全然美味しくありません

 

10日から2週間程追熟させると甘くて美味しいキウイになるのです。

熟すまで収穫しなければいいのに、と思いますよね。

 

しかし冬になって霜が降るとキウイが腐ってしまうので、熟していなくても収穫する必要があるのです。

キウイを柔らかくする方法

キウイは自分自身の酵素パワーで柔らかくなります。

 

そのため、常温で置いておくだけでも追熟が進んで甘く柔らかくなっていきます。

リンゴを使う

リンゴはエチレンガスを出す力があります。

このエチレンガスがキウイの追熟を早くしてくれます。

キウイ 固い 柔らかく
(画像引用元:https://rassic.jp

リンゴとキウイをビニール袋に入れましょう。

 

できればジョナゴールドや津軽、王林のリンゴがエチレンガスが沢山出ておすすめです。

 

しかも下向きにした方がたくさんのエチレンガスが出ます。

ビニール袋は軽く口を閉めるだけでOKです。

 

リンゴほどではないですが、みかんやバナナでもエチレンガスが出るので、代わりに使えますよ。

スポンサーリンク

キウイにストレスを与える

実はストレスを与えると、キウイ自身がエチレンガスを出すのでいつもより早く追熟します。

 

キウイをテーブルなどの平らな場所に打ち付けましょう。

軽く凹むくらいでOKです。

 

角で叩いてキウイの皮に傷がつくとそこから痛んできます。

 

一つだけ平らな場所に打ち付けてストレスを与えましょう。

 

その後、他のキウイと一緒にビニール袋で保管すれば、エチレンガスが追熟を早めてくれます。

キウイの保存方法

急がない場合は、買ってきた時の袋に入れて追熟させれば柔らかくなります。

常温保存で問題ありません。

 

キウイを冷蔵庫に入れると、キウイ内の酵素の働きが弱くなって、なかなか追熟しません。

 

買ってきたけれどまだ食べたくない場合は、冷蔵庫に入れるといいですよ。

 

冷蔵庫の中は乾燥しやすいので、新聞紙で包んでから冷蔵庫に入れる方がいいですね。

キウイが固いときに柔らかくする方法で美味しく食べよう!

基本的に市販のキウイは固いです。

今日食べたい!と思っても食べごろってなかなか売ってないのですよね。

 

これを知ってから早めにキウイを買うように下のですが、フルーツ好きの子どもたちに見つかって食べごろを待たずに何度食べられたことか。

 

好きなものって多少固くても美味しいんですね。

私はよく熟した甘いキウイが食べたいです。

 

みなさんも、熟して柔らかくて甘くて美味しいキウイを食べるように色々施しましょう!

 

せばな~