2017年12月17日に放送の「初耳学」では、江戸時代のレシピ本にも載っている珍しい玉子料理「黄味返し玉子」が紹介されます。

 

そんな、江戸時代のからあった「黄身返し卵」の作り方は?

また、江戸時代当時の黄身返し卵の作り方はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、黄身返し卵の作り方を、江戸時代当時のレシピと合わせて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

黄身返し玉子の作り方まとめ!江戸時代のレシピ方法は?

「黄身返し卵」は江戸時代から?

黄身と白身が反転している「黄身返し」というゆで卵は、江戸時代から伝わる料理です。

黄身返し玉子 作り方
(画像引用元:http://blog.ohk.co.jp

これは1785年に発刊された「万宝料理秘密箱」(器土堂主人 著)というレシピ本にも掲載されていたそうです。

 

しかし、江戸時代の黄身返し卵の作り方ではほとんど成功することがなく、そのため「幻の料理」と呼ばれています。

 

【作り方】

①産み落とされて3日ほど経過した有精卵の気室側に穴を開ける
※気室とは、ゆで卵の下にできるくぼみ

②3日間、糠味噌に漬ける

③漬けた卵を洗い、茹でる

簡単黄身返し玉子の作り方

ストッキングで高速回転させる方法

実は卵黄と水様性卵白が混じり合うが、粘度の高い濃厚卵白はほとんど混ざりません。

 

それを利用して卵を回転させて黄身と白身が反転している「黄身返し」を作り上げます。

 

【材料】

・生卵
・ストッキング
・セロハンテープ
・懐中電灯

 

【作り方】

①割れないように卵にセロハンテープを張ってコーティング

②卵をストッキングの真ん中に入れて、両脇を締める
※針金等で止めたほうが安全

黄身返し玉子 作り方
(画像引用元:http://cdn.cadot.jp

③ストッキングを持ち、ぶんぶんゴマの要領で回転させる
※回しすぎると黄身と白身が混ざるので注意

④懐中電灯を卵に照らして暗くなっていれば成功
※通常の卵を懐中電灯に照らすと明るく光ります。

黄身返し玉子 作り方
(画像引用元:http://www.chickenramen.jp

⑤白身が中心にくるように、菜箸で転がしながら茹でる

 

スポンサーリンク

かき回す方法

粘度の高い濃厚卵白はほとんど混ざらないので、かき回して黄身と白身が反転している「黄身返し」を作り上げます。

【材料】

・生卵
・針金
・画鋲

 

【作り方】

①画鋲で生卵に穴を開ける

黄身返し玉子 作り方
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

②開いた穴からクリップで適度に掻き回す。

③テープで穴を塞ぎ、白身が中心にくるように、菜箸で転がしながら茹でる

黄身返し玉子の作り方!江戸時代のレシピも試してみる?

調べてみましたが、一番ベターなのはストッキングでの回転方法でした。

 

みなさんももし興味があれば黄身返し卵をしてみてください。

 

そして、幻の江戸料理を作りたいのであれば、江戸時代当時の作り方に挑戦してみるのも良いかもしれませんね!

 

せばな~