ダイエットや健康維持にも効果があると様々な見知から信頼される豆腐。

でもいざ取り入れようと思ったら絹ごし豆腐や木綿豆腐と、どれを選んでいいのかわからなくなりませんか?

 

そんなダイエットの観点で、絹ごし豆腐と木綿豆腐のカロリー・栄養はどうなっているのでしょうか?

また、定番の絹ごし豆腐と木綿豆腐は代用できるのでしょうか?

 

ということで今回は、絹ごし豆腐と木綿豆腐の違いと、お互いに代用できるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

絹ごし豆腐と木綿豆腐のカロリー・栄養の違い?代用できる?

絹ごし豆腐と木綿豆腐の違い

作り方の違い

絹ごし豆腐は水分をしっかり残して作られ、木綿豆腐は水分を抜いて作られたものと作り方に違いがあります。

木綿豆腐 絹ごし豆腐 違い
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

豆腐は水に浸して戻した大豆をミキサーなどで粉砕して滑らかにし、生呉を鍋で煮て、しっかり濾します。

 

その後に、冷たく冷やした豆乳ににがりを加えてから蒸し揚げたものが絹ごし豆腐。

豆乳を更に温めてにがりを加えて、豆腐箱で重石を乗せて水分を抜いて作ったのが木綿豆腐です。

カロリーの違い

一般的に絹ごし豆腐は一丁170kcalほど。

木綿豆腐は一丁220kcalほどと違いがあります。

木綿豆腐 絹ごし豆腐 違い
(画像引用元:http://www.do-yukai.com

このカロリーの差には水分の量が関係しています。

 

絹ごし豆腐は水分量が多いのでその分カロリーが低め、木綿豆腐は水分量が少なくその分大豆の割合が高くなるためその分カロリーが高くなります。

 

ダイエットで空腹感を凌いだりカロリーを控えるために用いるのであれば絹ごし豆腐の方が優勢とも言えます。

栄養素の違い

絹ごし豆腐は水分量が多いのでタンパク質が少なめです。

対して木綿豆腐は水分量が少なく大豆の成分がぎっしり詰まっているので、タンパク質が多く含まれています。

木綿豆腐 絹ごし豆腐 栄養
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

 

タンパク質を補給する、大豆イソフラボンを多く摂取したいという場合は木綿豆腐を用いると効果的にタンパク質を摂取することができます。

 

他に豆腐にも脂質や糖質も含まれていますが、軒並み木綿豆腐の方が多く含まれています。

 

しかし脂質や糖質も他の食品に比べたら低く、これもまたダイエット向きと言われる所以ですね。

絹ごし豆腐と木綿豆腐でお互いに代用できる?

 

豆腐ステーキを作る時はしっかりした木綿豆腐の方が作りやすいのですが、水切りした絹ごし豆腐を使って作ることもできます。

 

絹ごし豆腐を使いたい料理であっても木綿豆腐で代用が可能で、木綿豆腐を使いたい料理に絹ごし豆腐で代用することも可能なのです。

 

ただ、絹ごし豆腐を使うか、木綿豆腐を使うかは好みが大部分を占めています。

例えば豆腐の味噌汁や冷奴、絹ごし豆腐のツルンとした食感が好みの方もいれば、木綿豆腐のしっかりした食感が好みの方もいます。

麻婆豆腐や湯豆腐なども同様にご家庭の好みや都合で購入したお豆腐を使っていると思います。

 

そのため、上記のように代用はできますが、好みによっては合わないかもしれませんね。

絹ごし豆腐と木綿豆腐はカロリー・栄養の違いあり!

絹ごし豆腐でも木綿豆腐でも、どちらも低カロリーでタンパク質補給に一役買ってくれる万能食品であることは変わりありませんでした。

 

お料理に使う時にも、その時の状況によって代用ができそうです。

 

みなさんも、絹ごし豆腐も木綿豆腐もダイエットにも栄養補給に上手に活用していきましょう!

 

せばな~