パン作りが好きな友人が、「最近自家製酵母にはまっててね~」と楽しそうに話していました。

 

天然酵母は聞いたことがありますが、自家製酵母ってことは、家で酵母から作っているのかな?

 

ということで今回は、天然酵母と自家酵母の違いを調査したいと思います。


スポンサーリンク

天然酵母と自家製酵母の違いは?

天然酵母とは

天然酵母 自家製酵母
(画像引用元:https://tomizawa-ec.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

イーストに対して、天然酵母と言われることが多いのですが、

 

  • イースト:単一の菌だけを工場で純正培養したもの
  • 天然酵母:いろいろな種類の酵母が共生しているもの

と言えます。

 

野菜や果物などについている天然の野生酵母を乳酸菌などと一緒に自然のままに育てたものが、天然酵母なのです。

 

天然酵母のメリットは

  • ゆっくりと発酵するので、粉や酵母の風味が深くなる
  • いろいろな酵母が混じっているので、風味豊かな味わいになる

があります。

 

しかし天然酵母が発酵するには時間がかかるので、効率が悪いと言うデメリットもあります。

スポンサーリンク

自家製酵母とは

天然酵母 自家製酵母
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

自家製酵母の天然酵母の一種です。

 

市販されている天然酵母を使うのではなく、自然界の酵母を自分で育てていくと自家製酵母になります。

 

野菜や果物、ヨーグルトなどから酵母を起こして培養していき、温度管理や衛生管理が非常に重要です。

 

発酵するのに時間がかかるのですが、ゆっくりと発酵するため味に深みが出てきます。

 

天然酵母よりも管理が難しく、雑菌などが繁殖して失敗する場合もあります。

 

培養元の酵母菌によって風味や味が変わってきます。

 

パン屋さんオリジナルの自家製酵母で作ったパンは、独特の風味があってそれを目当てのお客さんもいますね。

天然酵母と自家製酵母の違いを知って作ってみる?

パン作りにはまっている友人は、最初はドライイーストからはじめて、市販の天然酵母に変わったそうです。

 

天然酵母のパンも美味しいのですが、毎日作るとなるとお値段がかかる。

そこで自家製酵母を試してみたそうです。

 

最初はなかなか育たなかったり、ちょっと油断すると雑菌が生えてしまったりしたそうです。

 

それでも何度もチャレンジしていると、コツがわかってきたり、温度管理や衛生管理もうまくなってきます。

 

今では自家製酵母でパンを焼いているそうですよ。

 

私もパンをいただきましたが、う~ん美味しい。

自家製酵母育てない?と誘われましたが、ズボラな私には無理そう。

焼きたてのパンだけいただいて帰ってきました。

 

みなさんも興味があれば自家酵母に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

せばな~