美味しいココアはホッと心が温まりますよね。

 

本当ならしっかり練って作ったココアが美味しいけど…

って、ココアを作る時に「練る」って何?と思う方も多いはず。

 

そんなココアを練る理由や美味しい練り方、飲み方を調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

ココアを練る理由?効果や意味は?

ココアを練るとは?

ココア 練る 意味
(画像引用元:http://img.cuoca.com

「ココアパウダー」からココアを作る時は、まずココアパウダーを小鍋に入れてごく少量の牛乳やお水を加えて良く練ります。

 

そこに牛乳を足して温めて、お砂糖を入れて甘みをつけるのが基本のホットココアの作り方です。

ココアを練る理由は?

ココアを練るのは、ココアに含まれている脂肪分とお湯や牛乳などの水分が混ざりにくいからです。

ココア 練る 意味
(画像引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

水に油を落としても混ざらないのと同様です。

 

温めた牛乳にココアパウダーを入れても分離してしまって混ざらず粉っぽくなって混ざらない。

 

それを防ぐために少量の牛乳やお湯で良く練って、ココアパウダーの脂肪分を乳化(水分と撹拌して混ぜ合わせる)させるのです。

 

私たちが一般的に購入する事が多い「調整ココア」は練らなくても水分と混ざり合うようになっている事が多いです。

スポンサーリンク

美味しい練り方、飲み方は?

ポイントは「ごく少量の水分」。

ココア 練る 理由
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

最初から水分が多いと油脂と水分が分離してしまいます。

 

最初は1滴、2滴入れるような気持ちで、少しずつ加減して行くのが良いでしょう。

 

ペースト状になって来てから、2~3分良く練ると美味しさがアップします。

 

牛乳で作るのが一般的ですが豆乳に変えてもいいですし、生クリームを足すとコクが出てまろやかになります。

 

またほんの少しラム酒やコアントローなどのリキュールを入れるとリラックス効果が高まります。

 

シナモンやカルダモンなどのスパイスを加えるのもいいですし、マシュマロを浮かべたら幸せ度が上がってしまうかも!

ココアを練る理由を美味しくするため効果や意味があった!

実は、調整ココアであっても練って作った方が美味しいと言われています。

 

ちょっと一手間かかりますが、ココアパウダーを良く練って作ったココアは本当に格別。

私もまずは家に買ってある調整ココアを練ってみます!!

 

そして次にココアを買う時は調整ココアではなくてココアパウダーを購入したいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンホーテン ピュアココア・純ココア(5kg)
価格:7980円(税込、送料別) (2017/4/19時点)

 

せばな~