日本のように水道水をそのままごくごく飲める国は少ない、と言われますが、最近では蛇口から直接水道水を飲むことってあまりないですよね。

 

ミネラルウォーターを購入している方も多い今、売り場で軟水や硬水と書かれている水があります。

 

水は水、と思っていたのですが、軟水と硬水ってどう違うのでしょうか?

普段料理に使う水道水は一体どちらになるのでしょうか?

 

ということで今回は、硬水と軟水の違いと、水道水はどっちなのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

硬水と軟水の違いは?水道水はどっち?

硬水と軟水の違い

硬水と軟水の違いは、硬度が関係しています。

 

硬度とは、水1Lあたりに含まれるカルシウムやマグネシウムの量を指します。

硬水 軟水 違い
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

 

WHO(世界保健機関)が定めた基準によると

  • 硬水:120mg以上
  • 軟水:120mg未満

で区別されます。

 

日本の基準はやや違っていて

  • 硬水:100mg以上
  • 軟水:100mg未満

で区別されます。

 

硬水はカルシウムやマグネシウムが豊富なため、やや口当たりが固く感じます。

 

マグネシウムには下剤のような効果があるため、便秘気味の人にはおススメです。

 

またマグネシウムやカルシウムなどのミネラル補給や、血液をサラサラにしたい人なども硬水を飲むといいですね。

 

軟水はカルシウムやマグネシウムが少なく、口当たりが柔らかいので赤ちゃんでも安心して飲めます。

 

肌や髪の毛にも優しいので、肌がデリケートな方でも安心です。

スポンサーリンク

水道水は軟水・硬水のどっち?

日本の水道水は、軟水が多いです。

 

なぜなら日本は国土が狭く、川の流れも急で、大地に含まれるカルシウムやマグネシウムが水に溶けだす時間が短いため、ミネラルがあまり含まれていないのです。

硬水 軟水 違い
(画像引用元:https://www.suntory.co.jp

 

日本の水道水は基本的には軟水ですが、地域によって弱化の違いはあります。

硬水 軟水 違い
(画像引用元:http://www.takuhai-cleaning.net

旅行に行ったときに、飲み比べてみるのも面白いですね。

 

しかし和食、特に出汁を取るのにはこの軟水が適しています。

 

まろやかで柔らかい水は、出汁や素材の味を活かしてくれます。

 

お茶やコーヒーも軟水の方が美味しく淹れられますよ。

硬水と軟水の違いは硬度!日本では水道水は軟水が多い!

  • 硬水:ミネラル分が豊富な水。海外の水に多い。
  • 軟水:ミネラル分が少ない水。日本の水に多い。

と違いがあり、生まれた時から飲みなれている軟水は、日本人の体に合っている水とも言えます。

 

しかしダイエットやミネラル補給で硬水を飲む人も増えています。

 

一気に硬水を飲むとお腹が緩くなる人もいるので、試してみたい方は少量から始めましょう。

 

私も初めて硬水を飲んだ時は、口当たりの硬さにびっくりしましたが、ミネラル補給と思えば飲めるかな。

料理には軟水、ミネラル補給に硬水、と使い分けてもいいですね。

 

せばな~