2017年11月21日放送の「この差って何ですか?」では、肌ツヤをよくするには「こんにゃく」が良いと紹介されるようです。

 

そんなこんにゃくですが、どうして肌ツヤにいいのでしょうか?

また、肌ツヤといい代わりに何かデメリットはないのでしょうか?

 

ということで今回は、こんにゃくがなぜ肌ツヤいいのかと、注意点はないか調査したいと思います。


スポンサーリンク

こんにゃくは肌ツヤにいい?セラミドの栄養効果で食べ過ぎは危険?

セラミド効果で肌ツヤにいい

保湿力の高いコスメ・化粧品ならほとんど入っている成分「セラミド」。

このセラミドは肌の一番外側にある角質層の構成成分のひとつであり、肌の水分をキープして乾燥を防いでくれます。

 

そんな、セラミドをこんにゃくに特に多く含まれており、小麦などに比べて7~16倍ものセラミドが含まれています。

こんにゃく 肌
(画像引用元:https://tguchi.s3.amazonaws.com

 

また食物繊維もあり、余分なものを排泄する効果にも優れて整腸作用もあって、美肌効果もあります。

食べすぎるのは危険?

こんにゃくは美肌効果があり、カロリーも少なめですが、食べ過ぎると消化できずに腸閉そくを起こす危険性があります。

 

こんにゃくは食物繊維を豊富に含んでいるので、通常なら排便に役立ちますが、食物繊維自体は消化によくありません。

 

そのため、食べ過ぎると食物繊維を多く含んだこんにゃくを消化できずに溜まり、腸閉そくを起こしてしまうのです。

スポンサーリンク

こんにゃくの選び方・食べ方は?

こんにゃくで肌ツヤに効果のあるセラミドを摂取するなら、「生芋こんにゃく」がおすすめです。

 

食べ方は様々なかさ増し調理として活用するだけで問題なく、カレーやシチューの具、キムチと炒めたりと色々できます。

 

また、どうしてもこんにゃく飽きたという場合は、サプリメントで補うという手もあるので、こちらと併用してうまくセラミドを摂取してください。

こんにゃくはセラミドの栄養効果で肌ツヤにいい!食べ過ぎは危険!

こんにゃくは低カロリーだけでなく、肌ツヤに良いセラミドが豊富に含まれています。

 

ただし、消化に悪いので、いくら低カロリーで肌ツヤによくても、食べすぎると腸閉そくを起こす危険性があるのでほどほどにしてください。

 

みなさんも、こんにゃくを食べてうまくセラミドを摂取して、肌ツヤを良くしてみませんか?

 

せばな~