気の合う友人や家族との食事。

せっかくだから外食を、と思ったその時、レストランでも居酒屋さんでも、コースを頼むかアラカルトを頼むか迷ってしまうことはありませんか?

 

しかし、この「コース」「アラカルト」の具体的な違いって何なのでしょうか?

 

ということで今回は、コースとアラカルトはどのような違いがあるのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

コースとアラカルトの違いは?どっちがお得?

コースとは?

値段に応じた数品の料理が提供されるメニュー構成をコースといいます。

コース アラカルト 違い
(画像引用元:https://prmrsv.com

 

西洋料理のフルコースが根幹となっていて、正式なフルコースだと12?13品のお料理で1つのコースになることもあります。

 

あらかじめ出されるメニュー内容が決まっているので追加注文を考えたり、注文後の料理が出来上がるのを待ったりする必要がありません。

 

お店の一押しメニューが含まれることも多く、決まった数で仕入れができるためアラカルトよりも良い食材が使われることもあります。

 

ただし、人数が多い場合やお店のルールがある場合などには前日?2、3日前までには人数を確定する必要があります。

 

急なキャンセルの場合キャンセル料や1人分のコース料金を取られてしまうこともあるので注意が必要です。

 

基本的にコースのメニュー構成は決まっていますが、アレルギーや食べられない食材などがあるときには対応してくれるお店がほとんどです。

アラカルトとは?

アラカルトはフランス語の「a la carte(ア・ラ・カルテ)」が語源で「一品料理」や「お好みの料理」という意味です。

コース アラカルト 違い
(画像引用元:https://newotanisapporo.com

 

フランスでは家での食事もコース仕立てにすることが一般的なので、レストランなどでコースではなく好きなものを好きなように選んで食べられる料理をアラカルトといいます。

 

現代の日本では一品料理全般をアラカルトという事もあります。

 

好きな料理を好きなタイミングで注文する事ができますが、初めてのお店の場合などには量の目安がわからず頼みすぎてしまう事もしばしば。

 

その分値段も上がって割高に感じる事もあるでしょう。

「チョコレート」でアラカルトという場合は「色々な種類」という意味合いになります。

スポンサーリンク

どっちがお得で頼むと良いの?

コース料理は価格設定や大まかな時間が決まっているので予算がある場合や時間が限られている場合にはおススメです。

 

人数が多い場合にもアラカルトでそれぞれ注文すると収拾がつかなくなってしまいますがコースなら安心。

アラカルトよりも良い食材を使うこともありますし、同じ料理内容を注文するよりも料金が割安になっている事も多いです。

 

対してアラカルトは好きなお料理を好きなだけ頼むことができます。

気心の知れた仲間と食べるものを選ぶという工程もまた楽しむことができますよね。

 

少食・大食全ての人の満足度が高くなるのもアラカルトです。

 

居酒屋などでコース料理だと飲み放題がセットで時間制限を設けられてしまうこともありますが、アラカルトであれば基本的には時間も自由。

一緒に行くメンバーや会の内容によってうまく使いこなすのが良さそうです。

コースもアラカルトも違いを知って状況に合わせてお得な方を

どちらにしてもお店は美味しい料理と素敵な時間を提供してくれることには変わりありません。

 

少しお得に食べられるコースも、好きなものを選べるアラカルトもどちらも魅力的で軍配が挙げられませんね。

シチュエーションに合わせてうまく合わせて利用したいと思いました。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません