夏も近づいて暑くなってきました。

 

そんな時に多用されるのが氷ですね。

冷えたジュースにする為に入れたり、暑さを紛らわすためにそのまま食べたりと…

 

しかし氷ができるまで時間がかかり、氷不足になった経験はございませんか?

 

今回は氷を短時間で早く作る方法を、調べて紹介いたします。


スポンサーリンク

氷を短時間で?早く・すぐ作る方法!

急速冷凍や機械を使う。

これは身も蓋もありませんが、冷蔵庫で急速製氷機能がついている物を購入するか、高速急冷する家電を買うのも手かと思います。

沸騰したお湯を使う

実は沸騰したお湯のほうが「ムペンバ効果」という仕組みで早く凍らせることが出来ます。

 

凍らせるのに20°では100分ほどかかるますが、100°だと30分ぐらいで凍り始めます。

 

更に沸騰させることで不純物がなくなり、溶けにくい氷にもなります。

熱伝導率が高い金属品を使う

金属製の容器に水を入れてることで、熱伝導率を良くして早く凍らせることが出来ます。

 

身近にやるなら銀紙皿に水を入れて間を開けて銀紙皿を配置し、アルミ製の板の上に置けば更に効果がアップします。

冷気が当たる表面積を広く

表面積を広くして冷気が当たりやすして、早めに凍らせる事ができます。

 

平たい紙皿等で凍らせますが、平べったい氷ができるので砕いてシャーベット状にして使ってみてください。

スポンサーリンク

おまけ!溶けにくい氷を作るには?

さきほど少しいいましたが、不純物が少ないと溶けにくい氷ができます。

沸騰したお湯や浄水器、ミネラルウォーター等は不純物少なく溶けにくくなります。

 

他にも、ゆっくり凍らせることでも溶けにくい氷ができます。

冷蔵庫の強さを弱したり、先ほどの急速冷凍のテクニックを使うとなると、20°位の水を使ったほうが良さそうですね。

短時間で?氷がで早く作る方法は合わせて使えば効果てきめん!

上記の短時間で凍らせる方法は併用できるので、合わせて使えば効果てきめん!

 

これではやく氷を作って、夏の氷不足を解消しましょう!

 

みなさんも手軽にできますので、ご家庭でも試してみてください!

 

せばな~