食卓で定番であるコロッケ!

外はサクサク中はホクホクで美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

そんなコロッケですが、いざ自分で作ってみるとぱさついて、パサパサ&ぼそぼそのコロッケが出来て失敗したことはないでしょうか?

 

今回はそんな失敗をしないようにパサパサしないコロッケの作り方を紹介します。


スポンサーリンク

コロッケがぱさつく原因は?パサパサ・ぼそぼそにしない美味しい作り方は?

パサパサしないコロッケ

そもそもコロッケがぱさつく原因は、じゃがいもの水分が飛んでしまうからです。

 

そのため、じゃがいものを茹でた時に冷めてからマッシュするとぱさつき、それだけでなくちゃんと潰せずにコロッケの形を作った時に亀裂が入って具材の水分が飛んで更にパサパサになったります。

 

電子レンジの場合も結構水分が飛んでしまってパサパサになってしまう可能性がります。

コロッケのパサパサを防ぐ・対処法は?

水を足す

コロッケがぱさつく原因は水分が少ないのが理由なので、ぱさつきそうと判断したら水を入れてください。

水ではなく、砂糖、醤油、みりん、ホンダシ等の調味料を使って下味を付けるのと一緒に水分を含ませる方法も有りです。

油でしっとり

バターやマーガリン、マヨネーズ等の油分がある物を蒸かしたじゃがいもに混ぜ込むことで、しっとりとなりパサパサになりにくいです。

 

ただし、その分カロリーはアップしますのでご注意を!

スポンサーリンク

甘みでコクを出す?

練乳やコーヒー用の液体クリープを入れることでぱさつきを防止するだけでなく、甘みとコクがアップします。

他にも牛乳でもしっとりしておいしくなります。

野菜の水分を使う?

刻み玉ねぎ等の野菜の具材を混ぜます。

野菜は水分が出て来るので、パサパサの原因である水分不足を解消してくれます。

コロッケでパサパサ・ぼそぼそにしない!ぱさつかずしっとり美味しく作ろう!

いかがでしたでしょうか?

 

みなさんも、パサパサの原因を抑えればそれを防ぐ方法でしっとりだけでなく更においしいコロッケを作りましょう!

 

どの方法でもぱさつき防止になりますので、後は好みによって使い分けてください!

 

せばな~