普段コーヒーを飲むときは家にあるマグカップにたっぷりのコーヒーをいれて飲むのですが、お客様が来たときはコーヒーカップを使っています。

 

同じく自分が紅茶を飲むときはマグカップでたっぷりの紅茶を飲みますが、お客さんが来たときはティーカップを使います。

 

形がそれぞれ違いますが、コーヒーカップ・ティーカップ・マグカップと何か違いはあるのでしょうか?

 

ということで今回は、コーヒーカップ・ティーカップ・マグカップの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

コーヒーカップ・ティーカップ・マグカップの違いは?

マグカップとは

マグカップとは、取っ手のついた茶碗という意味です。

マグカップは実は和製英語で、英語ではマグと呼びます。

コーヒーカップ ティーカップ 違い
(画像引用元:https://www.rub-lab.com

大きな筒状のカップに取っ手がついています。

 

コーヒーでも紅茶でも使うことができます。

取っ手のついた茶碗なので、スープでもOKなんです。

コーヒーカップとは

コーヒーカップとは、コーヒーが飲みやすいように作られた、コーヒーのためのカップです。

コーヒーカップ ティーカップ 違い
(画像引用元:https://pro.foto.ne.jp

コーヒーを淹れる適温は90℃位です。そのためコーヒーが冷めないように、分厚く作られています。

 

コーヒーと言えばふくよかな香りが気持ちを癒してくれますよね。

香りを楽しめるように、そして冷めにくいように、やや筒状で開口部を小さめにしています。

 

カップを鼻の下に置くと、下から立ち上ってくるコーヒーの香りを楽しみつつ、適温で飲むことができます。

スポンサーリンク

ティーカップとは

ティーカップとは、紅茶を飲みやすいように作られた、紅茶のためのカップです。

コーヒーカップ ティーカップ 違い
(画像引用元:http://www.verygoodtea.com

紅茶は沸騰したお湯で淹れますが、飲むときには少し冷ます方が飲みやすいですね。

 

そのためにカップは薄めに、冷めやすいように開口部を広くとっています。高さが低くて開口部が広いので、早く冷めて飲みやすくなるのです。

 

紅茶のいい香りが広い開口部から辺りに広がって、気持ちも安らぎます。

 

紅茶の綺麗な色を楽しむためにも、間口が広くて高さの低いティーカップがいいですね。

コーヒーカップ・ティーカップ・マグカップの違いを知って使い分ける!

  • マグカップ:取っ手のついた茶碗
  • コーヒーカップ:厚めの作りで、間口が狭くて高さがあるカップ。冷めにくい。
  • ティーカップ:薄めの作りで、間口が広くてあまり高くないカップ。冷めやすい。

と、違いがあります。

 

お気に入りのカップがあると、コーヒータイムやティータイムが楽しくなります。

 

でも種類をそろえると、食器棚が狭くなっちゃう。コーヒー、ティー兼用のカップもあります。

 

マグのいいところはたっぷりと飲めるところ。我が家はもっぱらマグを利用していますが、久しぶりにティーカップを出そうかな。

 

自分の気に入ったマイカップで飲んだら、コーヒーも紅茶も美味しくいただけそうです。

 

せばな~