年を取ると骨がもろくなって、ちょっとつまづいただけでも骨折する危険性があります。

特に女性は閉経後に骨粗鬆症になりやすいとも言われています。

 

骨折するとそのまま寝たきりになる可能性も高いので、今からでも骨を補強しましょう。

 

それでは、どうやって骨粗鬆症を予防できるのでしょうか?

 

ということで今回は、骨粗鬆症を予防する食べ物を調べてみました。


スポンサーリンク

骨粗鬆症を予防する食べ物はカルシウムにビタミンD?原因は?

骨粗鬆症とは

骨の密度が低くなって、骨折しやすい状態のことと、骨粗鬆症といいます。

骨粗鬆症 食べ物
(画像引用元:http://www.ehealthyrecipe.com

遺伝や加齢など、自分ではどうしようもない原因もありますが、食生活や日常生活の改善で防ぐことも可能です。

 

原因は

  • カルシウム不足やリンの過剰摂取などの食生活の乱れ
  • 運動不足や紫外線不足(日照不足)
  • 喫煙や過度の飲酒など

が一つですが、これは自分の努力で改善することができますね。

骨粗鬆症を予防する食べ物

カルシウム

骨、と言えば真っ先に思い浮かぶ栄養素がカルシウムですね。

 

牛乳などの乳製品、小魚や小松菜、大豆製品に多く含まれています。

 

骨粗鬆症を予防するためには、1日700~800mgの摂取が目標です。

スポンサーリンク

ビタミンD

カルシウムと一緒にビタミンDを摂ると、カルシウムの吸収率がアップします。

 

サケやサンマ、シイタケやきくらげ、卵に多く含まれています。

 

せっかく摂ったカルシウムをしっかりと吸収できるように、一緒に摂りましょう。

 

紫外線を適度に浴びると体内でビタミンDが作られます。

 

運動を兼ねて、軽くウォーキングするといいですね。

骨粗鬆症を予防する食べ物は防ぐ!原因は食事の乱れ!

骨のためにはカルシウム、と言いますが、カルシウムだけでは栄養が足りません。

 

ビタミンDやマグネシウム、たんぱく質やリンなどいろいろな栄養が元気な骨を作ってくれます。

 

1日3食、バランスの取れた食事を意識しましょう。

牛乳が苦手な人は、ヨーグルトでもいいですね。

 

ジャコやシラス干しは小魚を丸ごと食べられていいのですが、塩分の摂りすぎに気をつけましょう。

 

健康診断の時に骨の密度を測ることもできます。

気になる人は一度測ってもらうといいですね。

 

一汁三菜と考えると手ごわいですが、ご飯に味噌汁、主菜と副菜のイメージです。

 

豆腐や海苔も一品と考えて、みなさんも今日から骨粗鬆症予防に頑張りましょう。

 

せばな~