小麦粉を使ったお菓子はいろいろありますが、家でよく作るのはクッキーです。

 

先日お土産にサブレをいただきましたが、カリッとしていておいしいですよね。

 

そう言えば小麦粉を使ったお菓子には、ビスケットやクラッカーもあります。

 

これらは一体どう違うのでしょうか?

その他の材料や焼き方に違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、クッキー・クラッカー・サブレ・ビスケットの違いを調べてみました。


スポンサーリンク

クッキー・クラッカー・サブレ・ビスケットの違いは?日本での呼ばれ方は?

クッキー・クラッカー・サブレ・ビスケットの違い

  • クッキー:アメリカから伝わった焼き菓子
  • ビスケット:イギリスから伝わった焼き菓子
  • サブレ:フランスから伝わった焼き菓子
  • クラッカー:塩味の焼き菓

いずれも焼き菓子ですが、伝わった国が違うのですね。

 

アメリカではサクッとした食感のお菓子をすべて、「クッキー」と呼びます。

 

イギリスでは小麦粉で作られたお菓子をすべて、「ビスケット」と呼びます。

 

ビスケットは保存食の役割もあり、日持ちさせるために一度焼いたパンを二度焼きしたのが始まりだそうです。語源はラテン語の「二度焼いたパン:bis coctus」から来ています。

 

フランスではさっくりとした食感の焼き菓子のことを、「サブレ」と呼びます。

 

アメリカではクッキー=焼き菓子、ビスケット=パンのような焼き菓子と呼び分けています。

 

イギリスではパンのような焼き菓子をスコーンと呼んでいます。つまりイギリスのスコーン=アメリカのビスケット、なのです。(ああややこしい)

 

クラッカーは、ビスケットの中でもイーストや酵素が入っているものを指します。

ビスケットの中に、クッキーとクラッカーが含まれる、というイメージですね。

スポンサーリンク

日本では?

各国から伝わった焼き菓子ですが、日本ではどのように使い分けしているのでしょうか?

 

全国ビスケット公正取引協議会は、「手作り風の外観を持ち、原材料の中の糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれるもの」をクッキーと定めています。

 

それ以外はビスケット、と言う訳です。

クッキー クラッカー 違い
(画像引用元:https://c-ippin.gnst.jp

サブレはビスケットやクッキーよりもバターとショートニングの比率が二倍ほど多く、サクッとした食感があります。

クッキー・クラッカー・サブレ・ビスケットの違いを知って焼こう!

そういえば、ケンタッキーフライドチキンのパン、スコーンのように見えますが、ビスケットと呼びますよね。

 

アメリカ発祥のケンタッキーなので、アメリカ風の呼び方だったのですね。

 

ちなみに2月28日はビスケットの日で、3月20日はサブレの日なっています。

 

家庭で作る手作り風の焼き菓子はクッキーでOK。

今日も子供と一緒にクッキーを焼こうかな。

 

せばな~