気温が上がってくると、とにかく美味しくなるのが冷たいビール!

 

最近は種類も増えて、ご当地ビールやクラフトビールも話題になっていますね。

 

でも、そもそもビールとクラフトビールの違いが良く分かっていないなぁ…

 

今回はビールの種類やクラフトビールの作り方や、クラフトビールはどんなものなのか、調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

クラフトビールとは?普通のビールとの違いは?

ビールの種類

一口にビールと言ってもその種類は多種多用。

クラフトビール とは
(画像引用元:http://marujikan.com

ビールのスタイルは100種類近くにも登ると言われています。

 

その中でも私たち日本人が一般的に常飲しているのは「ピルスナー」。

日本の大手4大メーカーの看板商品はいずれもピルスナーです。

 

軽いテイストとポップの香り、爽快な喉越しでキレがいい。

まさにビールのCMそのものですね。

 

そして、次に有名なのは「スタウト(黒ビール)」でしょうか。

 

ドライでスッキリしていて泡がクリーミーです。

 

実は黒ビールと一口に言ってもスタウト以外の種類もあるそうですが日本では黒ビール=スタウトですね。

スポンサーリンク

クラフトビールとは?

海外では個人がビールを作る事もできるので、「自家製ビール」を作って楽しむ人も多いようです。

クラフトビール 違い
(画像引用元:http://www.nomooo.jp

日本では1990年代に酒税法が改正され、ビールの最低製造量が少なくなりました。

 

これにより、今までは大手メーカーではないと作れなかったビールを小規模な醸造場(ブルワリー)でも作る事ができるようになりました。

 

大手企業が機械化された大規模工場で一貫生産を行うのに対して、ブルワリーでは作り手の好みや思いによって様々なビールが作れます。

 

今までピルスナーばかりが販売されていて、他のスタイルのビールは「外国で味わうもの」だったのが日本でも様々なスタイルのビールが楽しめるようになったのです。

 

製造量は少ないですが、品質を高くしたり多様性を追求したりできるのがクラフトビール。

 

ビールの基本の作り方は麦芽糖を発酵させるというシンプルなもの。

この麦芽の素となる大麦にこだわったり、水にこだわったり、副原料として米やトウモロコシなどを使うかなどで味わいが変わります。

 

残念ながら日本では一般家庭での自家製ビールを作ることはできませんが、ビアバーに行くと飲み比べもできて楽しいですね。

 

ワイン好きがワイナリーに足を運ぶのと同じように、近年ではブルワリー巡りもブームになりつつあるそうです。

 

また、東急ハンズなどのお店では手作りビールキットなども販売されているそうです。

クラフトビール 違い
(画像引用元:http://www.auvelcraft.co.jp

残念ながらノンアルコールですが、気になる方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

クラフトビールとは品質を高くしたり多様性を追求!違いを味わおう!

「ビール」と1つの飲み物である事には違いないのに、一口では語りきれない奥深さがあるんですね。

 

最近はクラフトビールをたくさん扱うビアバーなども増えてきました。

 

ちょっとこだわりの1杯を求めてビアバーに足を運んでみるのも楽しいですね。

 

また、自分でビールを作ってみるのも良いかと思います!

 

せばな~