ステーキハウスでお肉を食べると、ほとんどの場合クレソンが添えられていますね。

 

家ではめったに食べることがないのですが、なぜお肉にはクレソンが合うのでしょうか?

 

日本ではそれほど定着していないと思いますが、今回はクレソンの栄養と合わせて肉に添える理由を紹介します。


スポンサーリンク

クレソンの栄養効果や食べ方は?飾りじゃない肉に添える理由?

ちょっといいお肉料理店に行くと、ステーキなどの肉料理に添えてあるクレソン。

スーパーではあまり見かけませんよね。

 

ところがアメリカの大学の研究によると、クレソンは栄養価の高い野菜NO.1なんだそうです。

クレソンの栄養価

クレソンはヨーロッパ原産でアブラナ科の多年草、水辺に好んで生えています。

クレソン 栄養
(画像引用元:http://img-cdn.jg.jugem.jp

生命力が強く、要注意外来生物にも指定されているほど繁殖するクレソンです。

 

日本名「オランダからし」と言うように、ピリッとした辛さが特徴です。

肉料理に添えられ添えられる理由

オランダからしの中らも分るように、ピリッとしたさわやかな辛みが、肉料理の脂っこさを和らげてくれるのです。

クレソン 栄養
(画像引用元:http://yoga.powerlive.jp

辛さの成分、「シニグリン」はわさびや大根にも含まれています。

 

肉の脂肪の消化を助ける、胃もたれを解消する、という効果があります。

 

食欲を増したり、胃腸を元気にする働きもあるのです。

 

さらに殺菌作用が強いため、口臭を予防してくれます。

スポンサーリンク

他の栄養素は?

辛み成分だけでなく、クレソンにはβカロテンやカリウム、鉄分に葉酸と栄養素がたっぷり詰まっています。

 

貧血気味の人や、抗酸化作用によって若返りたい人、アンチエイジングの効果も期待できます。

 

加熱するとビタミンやポリフェノールが破壊されるので、生のままサラダで食べるのがおススメです。

 

βカロテンは脂分と一緒に摂ると吸収が良くなるので、お肉と一緒が相性いいのですね。

 

ダイエット中でお肉を控えている場合には、ドレッシングで和えましょう。

肉に添えるには理由があった!クレソン料理で栄養を取ろう!

原産地のヨーロッパでは、ポタージュスープで食べることも多いそうです。

大量に手に入ったら試してみてもいいですね。

 

繁殖力の強いクレソンはペットボトルで簡単に育てることができます。

 

苦みをアクセントとして、胡麻和えや天ぷらもおいしそう。

綺麗な緑色の葉はインテリアとしても使えそうですよね。

 

もし売っているのを見かけたら、一部は残して育ててみようかな?

 

子どもの食育にもよさそうです。

母の美容と健康のために育ててほしいな。

 

せばな~