大人も子どもも大好きな飴。

キャンディと言ったりドロップと言ったりしますが、のど飴や気分転換にと飴を食べない日はない、と言うくらい身近なお菓子です。

 

なんとなく、キャンディやドロップと呼びますが、呼び方があると言うことはなにか違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、キャンディとドロップの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

キャンディとドロップの違いは?

キャンディとは

キャンディは、砂糖や水あめを原料にして作られて甘いお菓子で、作り方によって2種類に分かれます

キャンディ ドロップ 違い
(画像引用元:https://www.uha-mikakuto.co.jp

 

キャンディの語源は、アラビア語qand(カンド:砂糖)やラテン語can(砂糖)+di(冷やし固める)、古代インドのkandi(棒付き砂糖菓子)などと言われています。

音が似ているし、どれも砂糖を使ったお菓子ですね。

ソフトキャンディ

100~125℃の低温で加熱して、柔らかく作られたキャンディ。

さらし粉や粉あん、きな粉などを混ぜることもあり、口に入れるとすぐに溶けるような柔らかさがあります。

キャラメル、ヌガー、マシュマロなどがソフトキャンディになります。

 

マシュマロがソフトキャンディだったとは初めて知りました。

意外な所では、ゼリービーンズやわたあめもソフトキャンディの仲間です。

ハードキャンディ

140~160℃の高温で加熱して、固く作られたキャンディ。

塩飴やバタースコッチ、タフィーなどがハートキャンディになります。

スポンサーリンク

ドロップとは

ドロップは、砂糖(80%)や水あめ(20%)を原料にして、140~160℃で煮詰めて作った固いキャンディです。

 

つまり、ドロップは固いキャンディの「ハードキャンディ」のひとつなのです。

キャンディ ドロップ 違い
(画像引用元:https://zatugaku-gimonn.com

サクマ式ドロップやチュッパチャップス、が有名ですね。

ぺろぺろキャンディは実はボロップの仲間です。

アメリカではロリポップ(lollipop)と呼びます。

キャンディとドロップは違いは?同じ種類だった!

甘いキャンディもドロップも、原料は甘い砂糖です。

煮詰める温度によって呼び方が変わります。

 

色もカラフルで、味も豊富なキャンディは我が家でもいつでもある定番お菓子です。

 

でも砂糖が原料なので、食べすぎやむし歯には気をつけましょうね。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません