子どもが幼稚園に行くようになって、お母さんの時間が少しできますね。

 

日中ゆっくりと過ごす時間ができるのは嬉しいのですが、新しく頭を悩ます問題があります。

 

そう!幼稚園にはお弁当を持って行く日があるのです。

 

可愛いキャラ弁を作ってあげたいけれど、私にはそんな技術はない!

 

でも子どもにリクエストされたら、できるだけ答えてあげたいのが親心です。

 

今回は、ちょっと不器用なお母さんでも簡単に失敗なく作れるキャラ弁のコツを紹介します。


スポンサーリンク

簡単で失敗しないキャラ弁の作り方

グッズを活用しよう

ネットで調べていると、すご~く手の込んだキャラ弁が多数アップされています。

キャラ弁 失敗
(画像引用元:http://blogs.c.yimg.jp

腕に自信のない母はテンション下がる一方です。

 

ですが、お弁当グッズ売り場をチェックしていると、あるあるお助けグッズの数々。

百均にもいろいろなお助けグッズが並んでいます。

お弁当用パンチやクッキー型

海苔や薄焼き卵をパンチでパチンと型抜きしちゃいましょう。

キャラ弁 失敗
(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp

そのままご飯の上に乗せたり、おかずの上に乗せるだけで可愛く見えちゃいます。

 

お菓子を手作りする人はクッキーの型を使ってもOK。

季節の形に抜くだけで、可愛く見えます。

 

サンドイッチを型抜きしたり、サンドイッチのパンの部分だけ抜いて、中身が見えるようにしても可愛く見えます。

おにぎりラップ

キャラ弁 失敗
(画像引用元:http://image.rakuten.co.jp

動物やキャラクターのおにぎりラップでご飯を包みましょう。

 

中身はいつものおにぎりでも、蓋を開けた瞬間可愛いおにぎりが目に飛び込んできます。

海苔やチーズ、ハムを切り取る

ご飯を詰めた上に、キャラクターに合せた具を切り取って並べましょう。

キャラ弁 失敗
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

海苔やチーズ、ハムは薄いので加工に便利です。

 

切り取る時は、小さいハサミが便利です。

キャラクターの型紙を作って、切り取ると失敗しにくいですね。

スポンサーリンク

小物を使おう

キャラ弁 作り方
(画像引用元:http://image.space.rakuten.co.jp

隙間おかずで便利なミニトマトやキャンディチーズですが、可愛いピックに刺してみましょう。

 

枝豆を刺したり、ウズラの卵とミニトマトをさしても彩りが可愛いです。

 

花型のお弁当カップにご飯やおかずを詰めても可愛く見えます。

 

キャラクターの型があれば、そぼろや炒り卵を使ってご飯の上にお絵かきしてもいいですね。

 

ふりかけを振る方法もあります。

キャラクターの型紙をご飯の上に置いて、ふりかけを振ってみましょう。

 

色付きのふりかけも市販されているので、キャラ弁作りに便利です。

キャラ弁だけが愛情じゃない!簡単で失敗せずに作り、楽しもう!

我が家の息子たちはキャラ弁に興味がなかったので助かったのですが、こだわり女子のお母さんはそれこそ、朝1時間以上かけてお弁当を作ったとか、もっと時間がかかったとか話しています。

 

その努力を認めてくれる子どもなら作り甲斐もあるのですが、そうでない残念な場合もあります。

 

毎回キャラ弁だと子どもが当たり前に感じて、お母さんに感謝しなくなります。

 

時々キャラ弁、普段はちょっと可愛いピックやたこさんウインナーでもいいんじゃないですか?

 

そういう考え方もありますので、キャラ弁をこだわり過ぎに気をつけて楽しくキャラ弁を作りましょう。

 

せばな~