メロンと一言で言っても、実はいろいろなメロンがあります。

 

マスクメロン、プリンスメロン、アンデスメロン等と色々ありますが、具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、マスクメロン、プリンスメロン、アンデスメロンの違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

マスクメロン、プリンスメロン、アンデスメロンの違い

マスクメロンとは

マスクメロンは1株に1個しか実をつけさせない、と言う高級品です。

マスクメロン プリンスメロン アンデスメロン 違い
(画像引用元:https://ginza-sembikiya.jp

マスクメロンとは、麝香(じゃこう:Musk)の香りがするメロン、という意味です。

 

香りのいいアールス系メロンの総称でもあります。

 

皮に細かい網目模様があるのが特徴で、高級メロンとして贈答品に使われることが多いです。

国内では静岡県の特産品「クラウメロン」が有名です。

 

また、栽培方法はガラス温室となっています。

プリンスメロンとは

プリンスメロンとは、シャランテ(西洋種)とニューメロン(マクワウリ)を交配させたメロンです。

高級品だったメロンが庶民でも食べやすくなるように、と開発されたメロンです。

マスクメロン プリンスメロン アンデスメロン 違い
(画像引用元:https://pds.exblog.jp

1962年に発表されたメロンで、当時の皇太子さま(現在の平成天皇)のご結婚にちなんで名づけられました。

 

サイズはやや小ぶりですが、糖度が15~16度で独特の香りがあり日持ちもします。

また果肉は黄緑~淡いオレンジ色です。

スポンサーリンク

アンデスメロンとは

アンデスメロンとは、一般向けに作られている、代表的なネット系メロンです。

サカタのタネが複数のメロンを交配させて作りました。

マスクメロン プリンスメロン アンデスメロン 違い
(画像引用元:https://www.matsunovege.com

アンデスとは関係なく、農家や消費者にとって味の当たりはずれがなく「安心です(アンシンデス)」から言葉をとってアンデスメロンとなりました。

 

果肉は青肉系で、14~15度の安定した糖度があるので、美味しく食べられます。

 

2015年には「赤いアンデス」という果肉の赤いアンデスメロンが発表されました。

果汁が多くてとてもおいしいメロンです。

マスクメロン、プリンスメロン、アンデスメロンの違いは高級か家庭向け?

高級なマスクメロンはなかなか口に入ることはありませんが、プリンスメロンやアンデスメロンなら比較的お手頃価格で家庭でも食べやすいメロンです。

 

高級品だったメロンを私達でも買いやすいように開発してくれた方々の努力に感謝ですね。

 

親戚の結婚式で初めて食べたマスクメロンには感動しましたが、スーパーで売っているメロンも十分美味しいです。

今夜は久しぶりにメロンを食べてみようかな。

 

せばな~