おしゃれなイタリア料理店に行くと、前菜としてマリネやカルパッチョが出てきますよね。

 

どちらもお酢に漬けたお料理と思っているのですが、マリネやカルパッチョに何が違うのでしょうか?

 

ということで今回は、マリネやカルパッチョの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

マリネとカルパッチョの違い

マリネとは

マリネとは、スモークサーモンやエビ、たこなどの魚介類、野菜やお肉などを、ワインやお酢、レモン汁などの調味料に浸して作る料理です。

マリネ カルパッチョ 違い
(画像引用元:http://www.moranbong.co.jp

マリネ液につけることで、素材が柔らかくなり風味がついて美味しくなります。

 

海外ではマリネ液に浸した後焼いて食べる事が多いようですが、日本ではそのまま食べる事も多いですね。

 

調味液に浸して作ることを意味するので、和食である酢の物や南蛮漬けもある意味マリネと言えます。

 

フランス語のマリン(海)が語源で、もともとは塩水に漬けていたのですが、塩水からレモン汁やお酢に変わり、ハーブなどが加わりして、今のマリネ液になりました。

 

調味料を変えることで風味が変わるのが楽しいですよね。

スポンサーリンク

カルパッチョとは

カルパッチョとは、薄切り肉の上にオリーブ油やチーズ、マヨネーズなどの調味料をかけたイタリア料理です。

マリネ カルパッチョ 違い
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

本来は生肉を使いますが、日本人が食べやすいように魚介類を使ったカルパッチョも人気です。

 

これは日本でのアレンジなので、生肉を使わない場合は「サーモンのカルパッチョ」「タコのカルパッチョ」と言ったり、「サーモンのカルパッチョ風」と言ったりします。海外でも最近は魚介類のカルパッチョが人気のようです。

 

さらに調味料も、日本ではオリーブ油とお酢を使うことが多いので、マリネと混同されやすいです。

マリネとカルパッチョは違う!

マリネは魚介類や肉、野菜をマリネ液に浸したもの。調理法を指す言葉。

カルパッチョは生肉の薄切りに、調味料をかけたもの。

料理やメニューを指す言葉。日本では魚介類を使うことも多い。

 

生肉を食べる習慣があまりない日本人には、魚介類のカルパッチョの方が食べやすいですよね。

 

私が普段家で作っているのはマリネだったんだと分かりました。

皆さんはマリネとカルパッチョ、使い分けていますか?

 

せばな~