五目豆って地味ですが美味しいですよね。

いつもは水煮の大豆を使っているのですが、大豆の栄養を摂るには乾燥大豆を使った方がいいと聞きました。

 

どうせ食べるのなら栄養たっぷりの五目豆を食べたいのですが、乾燥大豆ってどうやって柔らかく煮ることができるのでしょうか?

 

ということで今回は、ふっくらとした柔らかい豆になるように、柔らかく煮る方法を調べてみました


スポンサーリンク

豆を柔らかく煮る方法まとめ!戻し方や軟らかくするコツは?

乾燥大豆の戻し方

豆 柔らかく煮る
(画像引用元:http://marukawamiso.com

【やり方】

  1. 豆をさっと洗ってたっぷりの水にひと晩漬けます。
  2. 豆が水を吸って一回り大きくなります。
  3. 大きめの鍋にたっぷりの水と豆を入れて中火にかけます。
  4. 沸騰したら一度お湯を捨てて再度たっぷりの水で沸騰させます。
  5. 沸騰したら弱火にして、落し蓋をして1時間炊きます。
  6. 好きな柔らかさになったら、調味料を入れて味をつければ完成です。

 

一度お湯を捨てることを、茹でこぼしと言います。

これで豆の灰汁が取れて美味しくなります。

 

落し蓋をすると、豆が水から出ないので早く煮えます。

豆 柔らかく煮る
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

キッチンペーパーやアルミホイルに穴をあけて、上に乗せてもいいですよ。

 

長時間煮るので、水がなくならないように気をつけましょう。

うっかり焦がしたら、食べられなくなります。

ひと晩待つだけな戻し方

コトコト煮るのが面倒な人には、とっても簡単な方法があります。

 

家に魔法瓶やスープジャーがあればこっちのほうが楽です。

豆 柔らかく煮る方法
(画像引用元:https://pds.exblog.jp

【やり方】

  1. 豆をさっと洗います。
  2. 魔法瓶やスープジャーに容器の半分くらい豆を入れます。
  3. 沸騰したお湯を口までたっぷり入れて蓋をします。
  4. このまま8時間放置
  5. こうすれば早くふっくらとした豆に戻っています。

 

朝出掛ける時にセットしておいて、夜ご飯に炊く場合も便利ですね。

 

取り出しやすいように口が広い容器がおススメです。

スポンサーリンク

豆を柔らかく煮るコツ

水で戻した豆をそのまま出汁などで煮たら柔らかくなりそうに思いませんか?

 

水で柔らかく煮た後に、調味料を加えるのって二度手間のようにも感じます。

 

実は調味料を加えると、浸透圧の関係で豆がしまって固くなってしまうのです。

豆 柔らかく煮る
(画像引用元:https://image.excite.co.jp

 

そのため、水で好みの柔らかさまで煮ることで、柔らかいふっくらとした豆ができます

 

豆が十分柔らかくなってから出汁や調味料を入れて、好みの味にしてください。

 

冷える途中で豆に味が沁み込みますので、一度冷ましてから食べるとよりおいしくなりますよ。

乾燥大豆で柔らかく煮る方法を浸かって栄養を取ろう!

すぐに使えると水煮大豆を使っていましたが、実は水の中に豆の栄養素が溶けだしているそうです。

せっかくのお料理も栄養が減っていたら残念です。

 

さらに乾燥大豆は日持ちがして便利です。

スープジャーの戻し方を知ってからは、すっかり乾燥大豆派になった私。

待つだけで豆が柔らかくなるってステキですよね。

 

大豆に限らず他の豆でもこの方法で戻せるので、ぜひ試してみてください。

 

せばな~