頑張って食べたいものを我慢して念願の目標体重になったのにいつの間にかリバウンド、そんな経験がある方はいませんか?

 

食事制限を行うダイエットにはリバウンドがつきものですが、MEC食でダイエットをすれば食べたいものを我慢せず、リバウンド知らずなんだそうです。

 

そんな、MEC食とはどんなダイエット方法で、危険性はないのでしょうか?

 

ということで今回は、MEC食のダイエットやり方と、危険性はないのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

MEC食とは?ダイエットのやり方・危険性は?

MEC食とは?

MEC食は、お肉・卵・チーズのような糖質がきわめて少ない食品を中心に食事を摂る、糖質制限ダイエットの一種です。

mec食とは
(画像引用元:https://oedaban.com

 

ちなみに、MEC食はM(meat)、E(egg)、C(Cheese)の頭文字から作られた造語です。

 

ダイエットをする上で重要になってくるのはカロリーと糖質です。

 

カロリーを摂り過ぎても、糖質を摂り過ぎても太ってしまうので、この2つをうまく制御するのがダイエットのキモとなります。

 

糖質の完全除去ではないので体重の減少は緩やかになりますが、その分リバウンドもしにくくなるという嬉しい効果もあります。

MEC食のやり方は?

MEC食はお肉・卵・チーズを中心とした食事をします。

1日の摂取量の目安はお肉200g(ステーキ1枚分)、卵3個、チーズ120g(6pチーズ1箱分)程度です。

mec食とは
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

これらのMECを中心に、糖質を減らした食事内容であれば特別な制限はありません。

MEC食では脂質の制限はありませんので、糖質を含まなければラードやバターなも食べられます。

 

そして脂質の高い食事をすることで脳の糖質への欲求を抑えることができます。

 

1つ制限をするとすれば、食事を食べる時に1口30回噛むこと。

良く噛むことで満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防止することができます。

MEC食の危険はないの?

あまり糖質を制限しすぎるとエネルギー不足で代謝が悪くなる場合があります。

 

そのため、MECを中心の食事をしつつも、他の栄養素もバランス良く摂取することが必要です。

糖質もそのバランスの一つで、極力摂取量は減らしても、完全除去はしてはいけません。

 

目標体重に達したからと言って暴飲暴食をするのではなく、MEC食を基本とした食生活を緩やかに続けていくと良いでしょう。

MEC食とは?ダイエットのやり方は?危険はバランスが大事!

白米が大好きな日本人にとって、ご飯を食べてはいけないというのは本当に酷なことですよね。

 

でもMEC食なら糖質を出来るだけ減らして、お肉・卵・チーズという揃えやすくて食べやすい食材が中心なので取り組みやすそうです。

 

みなさんもMEC食で、自然と糖質を制限してダイエットに挑戦してみましょう!

 

せばな~