海藻が体にいいと聞いてもずくを食べているのですが、めかぶも体にいいよ、と聞きました。

 

めかぶともずくって、海藻仲間って感じですが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

ということで今回は、めかぶともずくの栄養などの効果の違いについて調べてみました。


スポンサーリンク

めかぶともずくの違いは?栄養効果の差は?

めかぶとは

めかぶとは、和布蕪、わかめの根元にある株のことで、フコイダンやアルギン酸といった多糖類を多く含むので、ネバネバ、ヌルヌルしています。

めかぶ もずく 違い
(画像引用元:https://dietplus.jp

 

フコイダンは免疫力アップ、アルギン酸は血圧を低下させる効果があると言われています。

多糖類は腸内環境を整え、食物繊維は排便を促す働きがあります。

 

めかぶはわかめの根元なので厚みもあり、歯ごたえがあります。

 

もずくは調味液に浸かっているので、そのまま食べる事が出来て手軽ですが、歯ごたえが欲しいならめかぶがおススメです。

 

東日本から東北地方で昔から食べられていた海藻です。

大宝律令の中には、税金としてめかぶを納めるという記載があります。

お金と同じくらい値打ちがあるとされていたのですね。

昔から健康に良い、と知られていたんですね。

もずくとは

もずくとは、水雲、藻付などと書かれて、褐藻綱ナガマツモ目モズク科の海藻です。

めかぶ もずく 違い
(画像引用元:https://karacare-media.com

 

枝分かれした糸状で、多糖類を含むためヌルヌルしています。

フコイダンやアルギン酸も含まれています。

 

栄養的にはめかぶのほうがやや優勢ですが、フコイダンやアルギン酸などの多糖類が豊富で、血液をサラサラにしたり、肥満を予防する効果があると言われています。

 

もずくは糸状の海藻なので細くて柔らかいですが、そのまま手軽に食べれます。

めかぶともずくの違いは食感!栄養効果の差を知って活用!

もずくは糸状の海藻なので細くて柔らかいです。

 

めかぶももずくも、食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えたり、便秘解消も期待できます。

 

もずくは調味液に浸かっているので、そのまま食べる事が出来て手軽ですが、歯ごたえが欲しいならめかぶがおススメです。

 

どっちがいいかは個人の好み、食感の好みのようですね。

 

せばな~