最近TVなどメディアでよく目にする、人の心をコントロールするメンタリズムの第一人者DaiGoさん。

TVなどで見るメンタリズムを見ているとダイエットにも応用できそうかも…と思ったことがある方もいるのでは?

 

そんな、メンタリズムのダイエット方法・効果とは?

 

ということで今回は、DaiGoさんお墨付きのメンタリズムダイエットの方法と効果を調査したいと思います。


スポンサーリンク

メンタリズムダイエットとは?方法・効果は

メンタリズムダイエットとは?効果は?

心理学をベースに運動力学や催眠療法を織り交ぜ、メンタリズムを用いたダイエット方法がメンタリズムダイエットです。

メンタリズムの力を使って食事量を減らしたり、ストレスを感じることなくダイエットをしたりすることができます。

 

メンタリズムダイエットはメンタリズムを利用して自分自身をダイエット体質に導きます。

そして、一生健康的な体型と食生活を保っていけるような意識改革をすることができるのです。

メンタリズムダイエット方法

環境を変える

メンタリズムを用いてダイエットをする場合大切なのが「自分を変える」という自己暗示です。

 

自分の気持ちを切り変えるために、部屋の模様替えをしたり髪型を変えたり通学路や通勤路を変えるといったちょっとした変化でも十分です。

 

まずは自分が今日から変わるんだという意識を何かしらわかりやすい形に表すことが重要なのです。

目標を小さく

メンタリズムダイエットでは達成できないというストレスを解消するために目標を小さく持つようにします。

 

今日だけはケーキを我慢する、毎日1回だけでも腹筋をするといった小さな目標なら都度達成感を味わうことができます。

 

達成感を味わうと次はもっと頑張ろうという意識が自然と芽生えて、達成しているという充足感からストレスも感じにくくなります。

 

そして、人間は新しい慣れない行動も21日経つとそれが習慣になります。

 

21日間続ければ「ケーキは我慢」「腹筋する」という習慣がつきますので次の日からは目標を少し大きくすることも受け入れやすくなります。

スポンサーリンク

食事終了のサインを用意する

パブロフのイヌがベルが鳴るとご飯の時間だと思ってヨダレを垂らして待つ、アンカリングという手法を応用して食事量をコントロールすることができます。

 

お腹いっぱいに食事をした時、美味しいものを食べて満足している時にする行動を1つ用意します。

耳たぶを触るとか、手首をマッサージするとか、結婚指輪をつけ直す等となんでもOKです。

 

それが習慣化されれば例え食事途中でも、その行動をすると自然と満腹感や充足感を感じるようになります。

少し時間はかかりますが、一度習慣化してしまえばずっと役立ちます。

メンタリズムダイエット方法は最適?効果も継続できる!

知れば知るほど、メンタリズムをダイエットに応用することはメリットだらけだということがわかりました。

 

自分の生活にメンタリズムを取り入れられれば、ストレスなく、無理なく、健康的にダイエットを一生続けていくことが可能です。

 

みなさんも、メンタリズムを学んで、日々のダイエットに活用してみませんか?

 

せばな~