前回夏のスイーツでも高級とされている、メロンのの皮の食べ方。調理方法を紹介しました。

今回は同じ普段では捨ててしまう箇所わたについてです。

 

通常だとメロンの種と一緒に取りがちなわた。

しかし実は栄養も豊富で食べる手はありません!

 

ということで今回は、メロンのわたの栄養と食べ方・レシピを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

メロンのわたを料理して食べる?肩こり解消と栄養も豊富?ワタの食べ方・レシピは?

メロン わた食べる

メロンには視力の回復や美肌効果があるβカロテンが多く含まれており、特にβカロテン摂取目的なら赤肉メロンの方を選びましょう。

 

それだけでなくストレスを軽減してくれるギャバも含まれており、メロンの身だけでもこれだけの栄養が有ります。

 

そしてメロンのわたはβカロテンも豊富で特に「アデノシン」が多く含まれています。

 

「アデノシン」は血液の流れを良くして、脳梗塞や心筋梗塞の予防だけでなく、筋肉のコリがほぐれて肩こり解消、冷え性対策、全身の美容にも効果がある優れものです。

スポンサーリンク

メロンのわたの食べ方・レシピは?スムージーで食べる!

メロンのわたはもともと味もちゃんと付いているので、味付けいらず!

そのままスムージーでジュースにするだけで出来上がりです。

 

調理方法はメロンのわたと種を入れてお好みで氷を入れてミキサーにかけるだけです。

 

全然種の感じもせずに、そのままでも美味しく仕上がります。

 

他の栄養も取りたい場合は、人参等の野菜やバナナ等の果物も入れたり、水分が少なく感じたら牛乳を入れたりとアレンジしてみるのも良いです。

メロン丸ごとでのわたも食べる?スムージー料理で栄養も丸ごと取る!

メロンだけでも美肌効果、ストレス軽減と栄養は豊富です。

 

しかしわた単体でも血液の流れを良くする「アデノシン」が様々な効果をもたらしくれるので、栄養目的なら食べる手はないでしょう!

 

もともと味もついているわたですので、スムージーで味付けもせずにラクラクなのでお試しください!

 

みなさんもメロンが手に入ったこれからは、わたも一緒に食べてしまいましょう!

 

せばな~