2018年6月4日放送の「この差って何ですか?」では、ミニトマトのヘタが有り無しでお弁当に入れた時に菌が繁殖する数に雲泥の差があることを紹介ます。

 

そんな、ミニトマトのヘタ有り無しでカビや菌が繁殖したりと変わるのでしょうか?

 

ということで今回は、トマトのヘタのカビについて紹介します。


スポンサーリンク

ミニトマトにヘタありお弁当は菌が増えて危険?カビで食中毒になる?

実は菌が増えたり、一番カビが生えやすいのはミニトマトの身よりもヘタとのことです。

ミニトマト ヘタ
(画像引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

また、駄目になったトマトの大半はヘタからカビが生えています。

 

実際にミニトマトの洗浄・消毒の実験でヘタを取って流水洗浄より、ヘタを取らずに流水洗浄したほうが大腸菌群が多かったようです。

 

果物及びミニトマトの洗浄・消毒

そのため、お弁当のように長時間放置しておくと菌が増えるだけでなく、他の食材に移るのでミニトマトのヘタは取ってから洗浄しているのが良いです。

ミニトマトのヘタにカビ?

基本的にはミニトマトのヘタにカビが生えた時は捨てるのが無難です。

 

そんなミニトマトのヘタのカビには、白いカビと、黒いカビがあるようです。

白いカビ

ミニトマトについた白いカビは毒性はないようです。

 

白いカビは栽培時に病原菌を抑制するための菌で、カビ病から守るものです。

 

ただ少なからず有毒な菌がある場合もあるので、内臓の発達の未成熟な子供には控えたほうが無難です。

スポンサーリンク

黒いカビ

黒いカビのほとんどは毒性の低いですが、白カビよりは有害なので食べないのが無難です。

 

また、黒いカビ以外にも青カビもあるようですが、これは大人だろうと危険なので絶対食べずに処分してください。

カビを食べてしまった時は?

知らずに黒い・白いカビを食べてしまった場合ですが、基本的には大丈夫です。

 

ただ食中毒で下痢等を発生した場合は、下痢止めを飲まずに出しきった方がよく、後は病院に行って医者の見てもらうのがようです、

 

また殺菌、抗菌作用がある「にんにく」「生姜」「梅干し」等の食物を口にするのも良いとのことです。

ミニトマトにヘタ有りお弁当は食中毒の危険!カビは食べても大丈夫?

ミニトマトのヘタ有りは菌を増やすので、なるべく長時間放置する場合はヘタを取って洗浄してからにしましょう。

 

ただ、カビはそこまで有害ではないので、あせらずに症状が起きたら病院に行って、何も起こらなければ問題ないのです。

 

みなさんも、ミニトマトはとにかくヘタを取って長時間放置しましょうね!

 

せばな~