料理には欠かせないみりん。

沢山使うことはないですが、ちょっとプラスすることで、料理に味わいが増すように感じます。

 

何気なくスーパーで買っていたのですが、よく見るとみりん風味と書かれたものや、本みりんと書かれたものなど、いろいろな表示があります。

 

そんな、「みりん風味」と「本みりん」との違いは?

 

ということで今回は、みりん風味と本みりんの違いについて調べてみました


スポンサーリンク

みりん風味と本みりんの違い

みりん風味とは

みりん風味とは、アルコールはほとんど含まれない、調合して造られる調味料です。

みりん風 本みりん 違い
(画像引用元:http://www.tokiwa-portal.com

 

みりん風味には、ぶどう糖などの糖類と米、米麹、旨味調味料などを使って調合して、みりんのような風味があるように作られています。

 

アルコールを含んでいないので、酒税がかからず安く販売できます。

 

塩分も多く含まれているので、料理する場合は味見をしながら使うといいですよ。

また、加熱しない場合は、みりん風味が便利です。

スポンサーリンク

本みりんとは

本みりんとは、約14%のアルコールが含まれる、熟成して造られる調味料です。

みりん風 本みりん 違い
(画像引用元:https://askul.c.yimg.jp

 

本みりんには、蒸したもち米と米麹、焼酎などのアルコールを使って作られています。

 

米麹の酵素が働き、もち米のでんぷんやたんぱく質が分解されます。

アミノ酸や有機酸、糖類などが熟成と共に作られ、風味豊かなみりんが作られていきます。

 

アルコールが含まれるので酒税がかかり、その分値段が高くなります。

加熱せずに使う場合は、煮切ってアルコール分を飛ばす必要があります。

 

ブドウ糖やオリゴ糖などが含まれる本みりんは、まろやかな甘さが特徴で、料理にテリやツヤを加えることができます。

食材の臭みを消したり、コクと旨味を加える効果もあるので、料理がよりおいしくなります。

みりん風味の本みりんを違い知って使い分けよう!

本みりんにはアルコールが含まれています。

アルコールに弱い方や小さい子どもがいる場合は、煮切って使うかみりん風味を使うといいですね。

 

みりん風味には塩分が入っているので、本みりんを使うレシピでみりん風味を使うと塩味がきつくなります。

塩を控えめに使って味見をしながら調整しましょう。

 

私は煮物の時に本みりんを使って、ドレッシングにプラスするときはアルコールの入っていないみりん風味を使っています。

加熱する時としない時で使い分けると便利だと思いますよ。

 

せばな~