甘味処に入ったら、美味しそうなスイーツがいろいろと並んでいます。

 

どれにしようかと考えていたら、似たようなメニューでみつ豆とあんみつがありました。

 

豆が入っているとみつ豆?餡が入っていたらあんみつ?

 

追加料金で餡やクリームをプラスすることもできるので、ますます違いが分からなくなってきました。

 

ということで今回は、歴史から見る「あんみつ」と「みつ豆」の違いと、みつ豆の種類を紹介します。


スポンサーリンク

「みつ豆」とは?「あんみつ」との違いや種類は?

あんみつとみつ豆の違い

みつ豆(蜜豆)の中に入っている、黒い豆は名前の通り、赤エンドウ豆を茹でて蜜をかけたものです。

 

そんなみつ豆は、江戸時代から食べられている甘いお菓子です。

あんみつ みつ豆 違い
(画像引用元:http://blogimg.goo.ne.jp

昔はこのみつ豆だけだったのですが、いま私達が食べるみつ豆は、寒天や求肥、白玉やフルーツが加わって、豪華なみつ豆になっています。

 

その豪華なみつ豆は、浅草にある「舟和」さんが明治30年代初めに作ったのが最初と言われています。

 

そして、元々あったみつ豆に餡を乗せて食べるようになったのがあんみつです。

 

あんみつ豆の省略ですね。

 

ちなみにあんみつは銀座の「若松」が最初に考えたと言われています。

 

また粒あんを乗せている店も、こしあんを乗せている店もあります。

つまりみつ豆の一種として、あんみつが考えられたのです。

スポンサーリンク

種類豊富なみつ豆

基本のみつ豆をベースに、今ではいろいろなみつ豆が作られています。

 

  • あんみつ:みつ豆に餡を加えたもの
  • 豆かん:豆と寒天だけのもの
  • クリームみつ豆:みつ豆にソフトクリームを加えたもの(生クリームのばあいもあり)
  • アイスみつ豆:みつ豆にアイスクリームを加えたもの
  • フルーツみつ豆:みつ豆に果物を加えたもの

同じように、あんみつにソフトクリームを乗せたり、アイスクリームをプラスしたもの。

 

寒天にこだわって、牛乳寒天やコーヒー寒天を添えた物、などいろいろなバリエーションが楽しめます。

 

喫茶店によっては追加料金でオリジナルのみつ豆やあんみつを作ってくれることもありますよ。

「あんみつ」とは「みつ豆」の豪華にした違いから生まれた?

みつ豆のあの豆、甘くないと思っていたのですが蜜がかかっているので甘いのですね。

 

今はもっと甘いものがたくさんあるので甘さを感じにくくなっているのかもしれません。

 

実はみつ豆のあの豆、好きではありませんでした。

ちょっとパサパサしていて、なくてもいいような気がしませんか?

 

しかしあんみつが出来たのもこのみつ豆があったからこそ。

 

我が家の妹はみつ豆の豆だけいつも残していたのですが、今度はみつ豆の歴史について教えてあげようかな。

 

みつ豆だけの缶詰もあるそうなので、蜜豆が好きな人はぜひ自宅で好きなだけ楽しんでください。

 

せばな~