2017年11月14日放送の「この差って何ですか?」で気になる、差がありました!

 

「賞味期限が長い水と賞味期限が短い水」

 

同じ水であることは変わらないのに、なぜ水によって賞味期限が長ったり、短ったりするのでしょうか?

 

ということで今回は、なぜ水の賞味期限が長いのと短いのがあるのか調査したいと思います。

水の賞味期限が長い短いの違いは?ペットボトルの保存と長持ちのするには?

水の賞味期限が長い短いの違いがあるので、水にどれだけ不純物があるかで長期保存できるか決まるようです。

水 賞味期限
(画像引用元:https://rikunabi-yakuzaishi.jp

そもそも、純粋なH2O(水素と酸素)だけで出来た水であれば腐ることはないのです。

 

しかし、水は色々なものを溶かす性質があり、不純物も溶けて混ざってしまいます。

 

そんな、水に溶け込んだ不純物が微生物によって分解されて腐ったりと味が悪くなったり、時には食中毒を起こしてしまうのです。

 

そのため、不純物がない、純粋な水であればあるほど、賞味期限が長いのです。

大きさや保存場所でも賞味期限が変わる?

同じ中身であってもや容器の小さいより、大きい方が外部の影響を受ける面で賞味期限が長いです。

水 賞味期限 水 賞味期限 長い
(画像引用元:http://www.metro.tokyo.jp

小さいほうが表面積が大きいため外部から受ける影響が多くなるらしく、大きい容器だと分散されて影響が少なくなります。

 

また場所も影響し、臭いが強い物が周りにあるとペットボトルの容器を通して臭いが移ったりします。

 

他にも日光に直接当てると劣化しますので、冷暗所に保管することが大切です。

スポンサーリンク

災害用の水が長期保存できる理由

先程言った通り、不純物がなければ無いほど長期保存できるので、災害用の水はそれだけ殺菌処理で不純物を取り除いています。

 

それだけでなく、容器自体も保存中に容器を通して劣化していくので、厚みをもたせたり等と工夫して長期保存できるようにしています。

 

このように様々な配慮をしているからこそ、賞味期限が長い水ができているのです。

ペットボトルの水の賞味期限が長い短いの違いは不純物によるものだった!

同じ水なのに賞味期限が長い、短いのはどれだけ水に不純物がないかです。

 

そのため、純粋な水であればあるほど賞味期限が長く、より不純物を除くために手間ひまかけているようです。

 

また、水を長期保存できるのは場所はもちろんこと、大きさも影響しているので、そのあたりも考えて水を長期保存できるようにしていきましょうね!

 

せばな~