熱々のおでんがぴったりの時期ですね。

おでんの具で好きなものは何ですか?

私は餅巾着が大好きで、家でおでんを作る時にも必ず入れます。

 

でも、油揚げが破れてしまったり、上手く閉じられずに煮込んでいる間にお餅が溶け出してしまうこともしばしば…

 

ということで今回は、餅巾着を破れないようにきれいに作る方法を調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

餅巾着が破れる!破れない方法や簡単閉じ方の工夫方法はちくわ?

油揚げの開き方

油揚げは油抜きをしたり開いたりと言った下処理が必要で、この段階からしっかり手をかけてあげる事で破れにくい油揚げに変身します。

 

まずは油抜きの方法を紹介します。

 

お湯を沸かして回しかけるのは大変ですが、1枚ずつキッチンペーパーで挟んでギュッと押します。

餅巾着 閉じ方
(画像引用元:https://www.atpress.ne.jp

これで油がキッチンペーパーに吸い取られ、圧力がかかる事で油揚げが開きやすくなります。

 

更に、菜箸などを油揚げの上に乗せてコロコロと転がすように押し付けると完璧!

餅巾着 閉じ方
(画像引用元:http://conexions.org

後は半分に切って、間をそっと広げてあげます。

スポンサーリンク

口を閉じる時の工夫

餅巾着の要となるもう一つの工程が口を閉じる作業です。

餅巾着 閉じ方
(画像引用元:https://odl.abc-cooking.co.jp

餅巾着の開き口を閉じるのには爪楊枝やかんぴょうが一般的です。

 

でも、爪楊枝だと上手く口が閉じなかったり、食べる時に外し忘れてしまったりと何かと面倒。

かんぴょうも戻したり下ゆでしたりと本当に面倒。

 

そんな餅巾着の口を閉じるのに、最近画期的と注目を浴びているのが「ちくわ」です。

餅巾着 閉じ方
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

ちくわを5mmほどの厚さの輪切りに切っておき、餅巾着の開き口をできるだけ小さくまとめてちくわの穴に入れるだけ。

 

たったのこれだけで餅巾着の口がしっかり止まって、溶けたお餅も出てこないのです。

 

5mm程度のちくわで本当に止められるの?と不安になりますが物は試し。

騙されたと思っておでん種の中から5mmだけ取って試してみてください。

 

意外にも切れてしまう事もなく、しっかり止まるのでビックリしてしまいますよ。

煮込んだらそのまま食べてしまえるのも嬉しいですね。

餅巾着が破れることもなし!破れない方法はとちくわの閉じ方で完璧?

開き方と閉じ方に一工夫するだけで、破れず美味しい餅巾着が作れるんですね!

 

目からウロコの工夫、みなさんも試してみてはいかがでしょうか?

 

せばな~