「妊娠中はお刺身を食べない方がいいよ」と言われました。

お刺身やお寿司が大好きな私はちょっとショックです。

 

どうして妊娠したらお刺身といった生魚は食べない方がいいのでしょうか?

 

ということで今回は、妊娠中にお刺身といった生魚が食べれない理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

生魚は妊娠中に食べられない?刺し身がダメ?

妊婦にお刺身(生魚)を食べられない?

妊娠中にお刺身などの生魚を食べてはいけない、という決まりはありません。

生魚 妊娠
(画像引用元:https://ninpy.com

ドコサヘキサエン(DHA)や良質なたんぱく質を含む魚はしっかりと食べたい食材です。

 

しかし魚の鮮度によっては体に悪影響が出ることもあるので、妊娠中はお刺身(生魚)を控える方がいい、避ける方がいいと思われているようです。

お刺身(生魚)を控える方がいい理由

免疫力の低下

お腹に赤ちゃんがいる間は、体の免疫力が低下しています。

普段なら何ともない食材でも、食中毒にかかりやすくなっているのです。

 

昔は流通事情が良くないので、魚の鮮度が落ちるのも早かったです。

その為傷んだお刺身を食べて食中毒を起こすこともあったので、妊娠中にはお刺身(生魚)を食べない方がいいと言われたようです。

 

妊娠中に飲める薬は限られるので、食中毒は怖いですよね。

さらにリステリア菌は流産などを引き起こす可能性もあるので、気をつけましょう。

水銀

公害学習で聞いたことのある水銀は人体に有害ですよね。

 

魚は体内に微量の水銀を含んでいます。

特に食物連鎖の関係で、マグロなど大型の魚の方が含有量が多いです。

 

胎内の赤ちゃんはお母さんが摂った水銀により悪影響を受ける場合があります。

 

重大な悪影響が残る可能性は低いですが、できれば影響は最小限にしたいですよね。

スポンサーリンク

お刺身(生魚)を食べたいときはどうする?

お刺身(生魚)は鮮度が大切です。

信頼できるお店から新鮮なお刺身(生魚)を購入しましょう。

 

大量に食べるともし菌に感染していた場合体へのダメージが大きいです。

 

しばらくの我慢なので、妊娠中は一度に食べる量も減らすようにしましょう。

 

厚生労働省の指針としては1週間に80gが目安です。

生魚 妊娠
(画像引用元:https://tamagoo.jp

大体刺身一人前となるので、週に1回は食べてOKと思ってください。

 

薬味は味付けと共に食中毒を予防する働きがあります。

適量のわさびや大葉、ショウガなども一緒に食べるといいですね。

生魚は妊娠中に食べられないはわけでなはい!刺し身に注意して

食中毒や水銀を気にして魚を食べない、というのはよくありません。

魚には魚の栄養があります。

 

食べすぎると悪影響があるだけなので、同じ食材をたくさん食べるのは止めていろいろな食材をまん便なく食べるようにしましょう。

 

刺身一人前を週に1回食べるのはOKなので、信頼できるお店から購入したいですね。

 

せばな~