年末年始、特にお正月はいろいろと食べたり飲んだりが続きますよね。

そのあとの1月7日には七草粥をたべます。

 

美味しいものを一杯食べてきたのに、どうして1月7日に七草粥を食べるのでしょうか?

「七草粥が正月太りに効く」と言うけれど、それは本当?

 

ということで今回は、正月太りに七草粥が効く理由やその効果、レシピなどについて調べてみました。

七草粥が正月太りに解消の理由?効果やレシピは?

正月太りに七草粥の理由

常に食べていたお正月、お正月太りした体や胃腸を休めるためには、おかゆがピッタリです。

さらに体にいい七草を入れたおかゆを食べる事で、お正月に疲れた胃腸を労わり、正月太りになってしまった体をリセットするためには、七草かゆがおススメなのです。

七草粥 正月太り
(画像引用元:https://www.sirogohan.com

 

お正月は来客があったりお出かけをしたりして、食事のペースが乱れます。

 

さらには作り置きのおせち料理やお餅、テレビを見ながらのおやつやみかんなど、1日中食べていることもあるくらいです。

 

食事のペースが乱れる。塩分や味付けの濃いおせち料理を食べる。座ったままゴロゴロしている。

これらの重なりで、お正月太りがやってきます。

 

そのため、七草粥で胃腸を休め、正月太りの体をリセットできると食べられているのです。

七草粥の効果

熱いおかゆをゆっくりと食べる事で疲れた胃腸を労わることができるだけでなく、七草が加わること胃腸を労わることができます。

七草粥 正月
(画像引用元:http://www.shokurepe.com

 

七草には以下の効果があります。

  • せり    むくみの解消や二日酔いの解消
  • なずな   むくみの解消や二日酔いの解消
  • ごぎょう  咳止めに効果
  • はこべら  むくみの解消
  • ほとけのざ 胃を健康に保つ効果
  • すずな   気持ちを落ち着かせる効果
  • すずしろ  胃を整え、咳止めの効果

 

このように、おかゆの効果だけでなく、七草の効果で体の調子を整え、体質改善にも役立つ健康食です。

スポンサーリンク

七草粥のレシピ

冷ご飯を使う場合の七草粥レシピ

【材料】

  • 茶碗半分のご飯
  • 七草

 

【作り方】

  1. 七草はさっと洗って、一口大にカットします。
  2. ご飯を鍋に入れて、水3カップを入れよく混ぜます。
  3. 弱火でご飯を温めながら、煮立って来たら七草を入れてさらに煮ます。
  4. 七草がしんなりしてきたら、塩一つまみを入れて味を調えて完成です。

炊飯器で炊く場合の七草粥レシピ

【材料】

  • 米 1合
  • 七草

 

【作り方】

  1. 米を洗って、おかゆのメモリまで水をいれ、粥モードで炊きます。
  2. 七草は洗って一口大にカットします。
  3. おかゆが炊けたら七草を入れて、10分程蒸らします。
  4. 塩一つまみを入れて味を整えいただきます。

七草が正月太りで解消!レシピを覚えて胃腸を労ろう!

おかゆだけでもよさそうですが、七草が入ることで野菜が胃腸を労わってくれます。

 

七草を洗いながら、雑草が入ってる、と思いましたが、そうです。春の野に生えてくる草が七草なんですよね。

 

寒い中育っている野菜の栄養を摂ることで、正月太りで疲れた体や胃腸が癒されます。

 

シンプルな味よね~とちょっと(かなり)物足りなく感じるのですが、これで正月太りがリセットされる、と思えば美味しくいただけるかも。

みなさんも、正月太り等に七草粥で体調を戻していきましょうね!

 

せばな~