野菜や果物など、植物の皮には栄養がたくさん詰まっているという話を良く耳にします。

 

でも、ナスの皮は固いから剥いてしまう方も多いですよね。

 

その皮にもたっぷり栄養が詰まっているので、捨ててしまっては損です!!

 

ということで今回は、ナスの皮に含まれる栄養について調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

ナスの皮の食べれる方法は?栄養豊富?

ナスの栄養

ナス 皮 栄養
(画像引用元:https://www.on-the-slope.com

そもそもナスの栄養素はどのようなものなのでしょうか?

 

ナスの中身の白い部分はほとんどが水分です。

含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素は他の野菜に比べて、極めて少ないと言われています。

 

体を冷やしてくれる効果があるので夏バテの予防に効果的だったり、色々なお料理に使える淡白な味だったり、魅力はあるのですが…

ナスの皮の栄養

ナスそのものには特筆すべき栄養素が少ないという事はわかりました。

 

では栄養が豊富と言われる事が多い皮、ナスも例に漏れないのでしょうか?

ナス 皮 栄養
(画像引用元:http://images.meishij.net

まさにその通りで、ナスの皮の紫色はナスニンというアントシアニンの一種。

アントシアニンはベリー類にも含まれている抗酸化作用の高い栄養素です。

 

そのアントシアニンが新鮮な長茄子の場合、ベリー類の5倍近くにも含まれているそうです。

 

アントシアニンの抗酸化作用によって、美白効果、肌のしみやそばかす、シワなどの防止になります。

 

また活性酸素を抑えることでがんの予防も期待できると言われています。

 

更に体内で善玉コレステロールを増やして動脈硬化の予防に効果的という研究結果も出ています。

 

ナスは中の白い部分より、むしろ皮を食べなくては損なお野菜なのです。

スポンサーリンク

ナスの皮を効率的に食べる方法

そうは言っても、皮が固いナスは剥いて食べたいですよね。

 

そんな時は固めの皮を千切りにしてきんぴらにするのがオススメです。

ナス 皮 栄養
(画像引用元:http://blog-imgs-11.fc2.com

人参のような食感に甘辛のタレが絶妙です。

栄養豊富でナスの皮も食べれる!

たかがナスの皮、されどナスの皮ですね。

 

まさかナスの中身は栄養価がほとんどなく、皮を食べなければ意味がないなんて…

 

私たちはちょっと固かったり、傷があったりですぐに皮を捨ててしまいがちですが、やっぱり皮まで大事に頂かなくてはダメですね。

 

みなさんもナスを買って、栄養豊富な皮ごと栄養補給しましょう!

 

せばな~