夏、暑いですよね~

今まで室内で保管していた食材も、夏の暑さで傷みやすくなります。

 

鍋に入れたままのカレーを夕方見ると、なんだか白いものが。

そうこの時期、食中毒には要注意です。

 

子ども達が学校に持って行くお弁当にも暑さ対策、食中毒対策が必要です。

 

ということで今回は、お昼までお弁当が傷まないために、安全に食べられるように気をつけるべき点を紹介します。


スポンサーリンク

夏場のお弁当対策!傷まないで食中毒予防!

菌をつけない、菌を増やさない方法

弁当箱を殺菌する

熱湯をかけたり、薄めたお酢でサッとふくと殺菌効果があります。

アルコールスプレーならふき取る手間が不要なので、便利です。

冷めてから詰める

お弁当の中は密封状態になります。

ご飯やおかずが温かいと、水蒸気が出て細菌が喜びます。

 

詰める前にはしっかりと冷ましましょう。

ご飯

茶碗によそっても中まで冷めるのに時間がかかります。

お皿などに平らに広げるようにすると、早く冷めます。

素手で触らない

しっかりと洗ったはずの手にも、細菌はついています。

 

おにぎりもラップを使って握るようにしましょう。

おかずも箸を使って詰めましょう。

火をよく通す

子どもの大好きなハンバーグや唐揚げ、美味しいですよね。

 

しかし中までしっかりと火が通っていないと、内部で菌が繁殖します。

 

中までしっかりと火を通して、冷ます。

それから詰めましょう。

スポンサーリンク

食中毒を防止する食材

梅干し

夏 弁当
(画像引用元:http://umehonpo.com

ご飯の真ん中に梅干し一つ、最近あまり見かけない日の丸弁当ですね。

 

しかし梅干しには細菌を抑えるパワーがあります。

 

梅干しパワーを活用するためには、ご飯の真ん中に一つではなく、ちぎってご飯に混ぜ込むといいですね。

生姜

夏 弁当 対策
(画像引用元:https://www.kyounoryouri.jp

生姜にも強い殺菌効果があります。

 

キュウリと生姜の和え物、唐揚げのたれに生姜を絡めるなど、子どもが食べやすいように工夫しましょう。

酢酸も強い殺菌作用を持ちます。

 

ご飯に小さじ1プラスするだけで菌の増殖を防ぎます。

 

酸味が苦手な人にはちょっと加減してみるといいですが、夏には欠かせない調味料です。

夏場のお弁当の傷まないで食中毒対策としてグッズや食べ物を利用!

普段なら問題なくても、夏になると増える食中毒。

朝作ってお昼に食べるまでの間に、菌が増えてしまいます。

 

お弁当の上に乗せるだけの抗菌シートは8時間持続するので安心です。

 

使い捨てなのでやや割高感がありますが、これで子どもの安全を確保できるなら安いですね。

 

子どもの大好きなチャーハンは傷みやすいので夏場やお休みしましょう。

 

昔ながらの曲げワッパや木地のお弁当箱は水分を適度に吸い取ってくれるので便利です。

 

我が家では最近ゆかりご飯が人気です。

カリカリ梅も食感が楽しいようで人気です。

 

楽しくお弁当を食べられるように、ちょっとひと工夫してあげたいですね。

 

せばな~