みなさんはお風呂好きですか?

冬は寒いので湯船に入ってゆっくり温まりたくなりますが、夏場はサッとシャワーを浴びるだけ、という方も多いのではないでしょうか。

 

でも風呂に入らずにそのシャワーだけが、腹痛の原因になっているかもしれないとなったらどうでしょう?

 

ということで今回は、お風呂と腹痛の関係性について調べてみたいと思います


スポンサーリンク

夏も風呂で温まらない・入らないと腹痛になる理由?

夏に腹痛が頻発する人続出!

夏場でも熱いのに冷えてしまい、風呂で温まらないことで腹痛や下痢になることが多いそうです

 

夏の場合は手・足だけに限らずなんならお腹も露出した服装で、エアコンの効いた部屋で過ごし、アイスクリームやキンキンに冷えたビール、暑いからサッとシャワーで汗を流してお風呂は終わり、という生活になっていませんか?

 

実は現代では便利になった分、体の外側から・内側からと冷やされて、夏場でも体が冷えている人が多いそうです。

 

そのため、風呂に入らなかったりと温まらないでいると、その冷えが原因で腹痛や下痢になってしまう人も多いようです。

スポンサーリンク

夏の冷えによる腹痛を予防する方法

夏が旬の食べ物はもともと体を冷やす効果があります。

ここに氷たっぷりの水やジュース、アイスクリームをたくさん食べればお腹が冷えるのも当然です。

 

水は氷を入れないようにする、お料理は温かいものを食べるようにする、など体の中から体を温める工夫が必要です。

 

また、どんなに暑い日でもお腹とお尻は冷たくなっている人も多いと思います。

 

腹巻を1枚追加するだけならほんのり暖かくて気持ちがいいものです。

 

オフィスに座ったままのことが多い方は、特に足元が冷えないように靴下を履いたりブランケットをかけたりすることも効果的です。

 

そして、夏場でもお風呂は湯船にゆっくりつかって、エアコンで1日中冷やされていしまった体を温めてあげましょう。

風呂 温まらない 腹痛
(画像引用元:https://storage.tenki.jp

 

暑くてお風呂なんて入っていられないという方も、お風呂のお湯の温度を38度程度にした半身浴がオススメです。

 

ミントなどの入浴剤を使ったり、出る直前にシャワーを冷たくして流したりと工夫すればお風呂上がりはさっぱりです。

夏も風呂で温まらない・入らないと腹痛で危険!

冬の暖かいお風呂は最高ですが、実は夏こそ私たちの体がお風呂を欲しているんですね。

 

私も普段からカラスの行水でゆったり湯船に浸かる機会がないのですが、この機会に半身浴をして体を温めて労ってあげようと思います。

 

みなさんも、夏でも風呂に入ってしっかり温まり、腹痛を起こさないようにしましょうね

 

せばな~