世の中の人8割以上の人が気にしているというポッコリお腹ですが、そのポッコリの原因は内臓脂肪・皮下脂肪どちらかご存知ですか?

 

内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方も変わるのに、周りの方と全く同じエクササイズでは意味がありませんね。

 

そんな、内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

 

ということで今回は、内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?落としやすいのは?見分け方は?

内臓脂肪とは

内臓脂肪は体の奥深く内臓の周りにつく脂肪で、ダイエットで落ちやすい脂肪です。

内臓脂肪 皮下脂肪 違い
(画像引用元:https://www.lionshop.jp

 

内臓脂肪は食べすぎや高カロリーの摂取によってつくと言われ、特に男性につきやすいと言われています。

 

見た目ではわかりにくいので自覚症状がなく、健康診断などで「内臓脂肪が多い」と指摘されて気がつくことが多いようです。

 

内臓脂肪はダイエットを始めた時に、肝臓脂肪と共に一番最初に落ちると言われています。

皮下脂肪とは

皮下脂肪は皮膚のすぐ下につく脂肪で、ダイエットで落ちにくい脂肪です。

内臓脂肪 皮下脂肪 見分け方
(画像引用元:http://www.aurora-net.or.jp

 

体を守るために日常的に少しずつ蓄積していき、特に子宮を守るため女性につきやすい傾向にあります。

妊娠・出産のタイミングではお腹の中の赤ちゃんを守るために皮下脂肪が肥大しやすくなります。

 

日常的に蓄積する分、ダイエットで落とすのも容易ではないので根気と努力が必要です。

スポンサーリンク

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方

  • おへそ周り
    おへその周りからパンッと張ったようにお腹が出ているのは内臓脂肪、張りはなくたるんでいる感じは皮下脂肪です。
  • お腹を摘む
    お腹をキュッと凹ませて、手のひら全体を使ってお腹の肉が摘みにくい場合は内臓脂肪、ムギュッと摘めるのは皮下脂肪です。
  • お腹に手を当る
    お腹がひんやり冷たく感じる場合は内臓脂肪、お腹の方が温かく感じる場合は皮下脂肪の可能性が高いです。

内臓脂肪・皮下脂肪とダイエットで落ちる順番は?

内臓脂肪・皮下脂肪とダイエットで落ちる順番は内臓脂肪から皮下脂肪と順に燃焼されていきます。

 

内臓脂肪が落ちてからいよいよ皮下脂肪を燃焼するようになりますが、皮下脂肪の中ではさらに、部位により落ちやすい順番があります。

 

皮下脂肪は体を守るためにつくので、お腹や腰回りといった体の中でも重要な部分の皮下脂肪は最後まで残ります。

 

内臓脂肪も皮下脂肪も全ての脂肪を落としたい場合は根気よくダイエットを続けると、順番に脂肪が落ちていきますので途中で根負けしないようにしましょ。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い・見分け方を知って!落としやすい方から順に!

今まで自分の脂肪がどんな脂肪なのかなんて改めて考えたことがなかったのでびっくりしました。

 

特に最近はぷよぷよの下腹や腰回りのお肉だけでなく、おへそ上の詰まった感じも気になっていたので性質がわかってびっくりしました。

 

みなさんも、まずはおへそ上の詰まった内臓脂肪からしっかり順を追って落としていきましょう!

 

せばな~