2018年5月22日放送の「この差って何ですか?」では、

寿司屋のネギトロにはネギがのっているのに、スーパーで売っているネギトロにはネギがない…なのに、ネギトロっていう、この差って何?

と、ネギトロにネギがないのに「ネギトロ」という理由を紹介するようです。

 

ネギトロの「ネギ」もそうですが、「トロ」もはたして本当のマグロのトロを使っているのでしょうか?

 

ということで今回は、ネギなしでもネギトロの理由と、トロの意味を調査したいと思います。


スポンサーリンク

ネギなしでもネギトロの理由!トロとネギの意味は?

実は「ネギトロ」の名前の由来は中落ちをスプーン等でそぎ取ることを指す「ねぎ取る」から取ったものです。

ネギトロ ネギ 意味
(画像引用元:https://favy-tokyo.s3.amazonaws.com

そのため、野菜のネギから取ってではなく、「ねぎ取る」がネギトロの由来となっています。

 

また、「ネギトロ」という名前が広まったのは諸説色々あります。

 

元の語源は建築用語で、地下構造物を作る時、地面より下の土を掘ることを「根切り」と呼び、それが寿司業界にも広まり「ネギトロ」が誕生。

 

ネギトロの元祖である金太楼鮨本店の会長によれば、家族を連れて浅草の店舗「むぎとろ」によく行ったことから、その店の語呂合わせでネギトロと名付けたとのことです。

トロはマグロのトロではない?

「ねぎ取る」がネギトロの由来から察すると思いますが、ネギトロのトロはマグロのトロではありません。

ネギトロ ネギ 意味
(画像引用元:https://shop.r10s.jp

先程言ったとおり、元々捨ててしまうマグロの中落ち部分を使用して、ねぎ取ったものを「ネギトロ」と言います。

 

つまり、ネギトロはマグロの中落ちを使用しており、マグロのトロは使っていません。

 

ちなみに、回転寿司やスーパー等のネギトロは、赤身のマグロに魚油や植物油等の油脂や調味料、着色料などを加えペースト状にして似せて加工しているようです。

スポンサーリンク

「トロたく」や「トロ鉄火」は?

ネギトロは本来の語源からマグロのトロを使っていませんが、「トロたく」や「トロ鉄火」といった寿司ネタはちゃんとマグロのトロを使っています。

 

そのため、「トロたく」や「トロ鉄火」のトロは本当にマグロのトロから由来しており、もしトロを食べたいならネギトロではなく「トロたく」「トロ鉄火」を注文したほうが良いのかもしれませんね…

ネギなしでもネギトロの理由・意味はねぎ取る!トロはマグロのトロではない!

「ネギトロ」はネギとトロかと思いきや、マグロの中落ちを「ねぎギ取る」から由来していたようです。

 

そのため、ネギトロなのに、ネギもないしマグロのトロでもないと抗議すれば赤っ恥をかくので気をつけましょうね。

 

せばな~