玄米が体にいいというのは皆さんご存知だと思います。

では、「寝かせ玄米」はご存知ですか?

 

そんな、「寝かせ玄米」の効果や、ダイエットに使える方法とは?

 

ということで今回は、玄米の効能をアップしてダイエット効果も高める「寝かせ玄米」を使ったダイエットをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

寝かせ玄米のダイエット方法とは?効果は?作り方や注意点は?

寝かせ玄米とは?

「寝かせ玄米」は玄米のもつ酵素を活性化させて効果をアップさせる食べ物です。

 寝かせ玄米 効果
(画像引用元:https://takenet02.c.blog.so-net.ne.jp

日本のスーパーフードとも言われている玄米。

栄養価が高く完全食などと言われることもあるようです。

玄米には酵素も豊富に含まれていますが、この酵素は高温で活性化する性質があります。

 

そこで、玄米のもつ酵素を活性化させるために行うのが「寝かせ」です。

 

そして、炊飯した玄米を保温状態で3日間かけて寝かせたものを「寝かせ玄米」「酵素玄米」といいます。

 

玄米が体にいいのはわかっていても食感が苦手な方も多いと思いますが、寝かせることによって外側の皮部分が分解されてモチモチの食感になります。

 

年齢とともに減少して行く酵素をしっかり補ってあげることで基礎代謝がアップして痩せやすく太りにくい体になるのが特徴です。

寝かせ玄米ダイエットの方法は?

一番ストイックな寝かせ玄米ダイエットは「7号食ダイエット」とも言われ、10日間寝かせ玄米だけを食べます。

 

寝かせ玄米を1口30回噛んで食べれば量や回数に決まりなく、好きなだけ食べてもいいそうです。

 

7号食とは、マクロビオティックの考えの一つで、完全食である玄米だけを食べて過ごすことで効果的にデトックスができるというものです。

 

そのため10日間の飲み物は水かノンカフェイン・ノンカテキンのお茶だけ、などの厳密なルールがあります。

 

しかしこれに則って、10日間寝かせ玄米だけで過ごすことで体重が5kg以上減ったり、ウエストが10cm細くなるなどの効果が期待できます。

 

女優の吉瀬美智子さんも産後の体重がなかなか戻らず困っていたところ寝かせ玄米ダイエットをして、美ボディを取り戻されたそうです。

 

ただ、主食を寝かせ玄米にしておかずは普通にするだけでも十分ダイエット効果を期待できるそうです。

もちろん1口30回噛むのはとても大切ですし、暴飲暴食は以ての外。

7号食の時ほど速攻の効果は得られませんので、じっくり腰を据えて長期戦で挑みましょう。

スポンサーリンク

寝かせ玄米の作り方と注意点

【作り方】

  1. 玄米を洗って半日ほど水に浸け、炊飯器に入れて普通の水加減とひとつまみの塩で炊きます。
  2. 炊き上がったら軽く混ぜて、1日1回様子を見ながら上下を返すように混ぜて、3日間保温し続けます。

 

出来上がった寝かせ玄米は2~3日保存ができますし、もちろん普通のご飯と同じように冷凍もできます。

 

特に夏場は雑菌の繁殖に注意して、匂いや味がおかしいと思った場合は食べるのをやめましょう。

 

一緒に小豆を炊くのもいいようですので、味に変化が欲しくなった時におすすめです!

 

どうしても自分で作るのは大変・不安という方はレトルトパウチされている寝かせ玄米が販売されているので取り入れてみるのも良いでしょう。

寝かせ玄米の作り方!ダイエット方法は食べるだけで簡単!

玄米が体にいいと言われて食事に取り入れていましたが、普通に炊くだけでは足りなかったんですね。

 

なんと寝かせ玄米ダイエットは挑戦した人の90%がダイエットに成功しているとも言われているそうです。

 

私も早速普通に玄米を炊くだけでなく、寝かせ玄米にしていただきたいと思います!!

 

みなさんも、ご飯の代わりに玄米よりも凄い寝かせ玄米を食べてみませんか?

 

せばな~