自分が美味しいと思うものは猫にもあげたいと思いますが、実は人は食べられても猫は食べられないものがあります。

 

場合によっては大切な猫の命を危険にさらす危険性もあるとのことで、どんな食べ物が猫は食べれないのでしょうか?

 

ということで今回は、猫が食べられない食べ物とその理由を知っておきましょう


スポンサーリンク

猫が食べ物でダメ・いけないまとめ!食べてはいけないものの理由は?

絶対食べてはいけないもの

玉ねぎ、ネギ、ニラ、らっきょう、ニンニクなど

ネギ類にはアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。

これは血液中のヘモグロビンを酸化させ赤血球を破壊します。

 

ネギ中毒を起こすと血尿が出たり、嘔吐・下痢などを引き起こします。

 

場合によっては死ぬこともあるので、ネギ類の入った味噌汁やスープなども与えないようにしましょう。

魚や鶏の骨

猫の体は小さく、喉も細いです。

魚のとがった骨や、鶏の骨はのどに刺さりやすいです。

 

窒息したり腸閉そくを起こさないために、身をあげたいときは、骨を丁寧に取り除いてあげましょう。

チョコレート、ココアなど

カカオマスに含まれるテオブロミンは、下痢や不整脈、痙攣などを引き起こします。

 

重症になると死亡することもあるので、チョコレートの種類にかかわらず食べさせない方がいいですね。

コーヒー、紅茶、お茶など

カフェインを含む飲み物は、猫を興奮状態にします。

アルコール類

動物はアルコールを飲む習慣はありません。

肝臓の働きも違うので、与えるのは止めましょう。

注意すればちょっとは大丈夫なもの

タコやイカなど

「猫がイカを食べると腰を抜かす」ということわざがあります。

 

これは、生のいかに含まれるチアミナーゼがビタミンB1を分解して急性ビタミンB1欠乏症を引き起こすからです。

 

イカだけでなく生の魚介類にはチアミナーゼが含まれているので、与える時は加熱しましょう。

お魚咥えたドラ猫♪は焼き魚を持って行ったのかしら?

 

消化に悪いので、下痢や便秘の原因となります。

スポンサーリンク

牛乳などの乳製品

牛乳には乳糖が含まれていて、ラクターゼという酵素が分解します。

 

猫にはこのラクターゼが十分でない場合があるので、牛乳を与えたいときは猫用牛乳にしましょう。

 

チーズやバターには乳糖が含まれていませんが、加工食品のため塩分が多いです。

あげる時も少量にしましょう。

 

人が美味しく感じる塩分は、猫には多すぎます。

生の豚肉

生の豚肉には細菌がついている可能性があります。

特にトキソプラズマ症を引き起こす、シストという卵のようなものがなまの豚肉についている可能性が高いです。

 

これは加熱すれば死滅するので、生の豚肉は与えないようにしましょう。

甘いスイーツ

人でもスイーツを食べすぎると太ります。

体の小さい猫にとっては、糖分や脂肪分がたっぷりのスイーツは体によくありません。

 

気づかないですが、スイーツには塩も使われているので、猫の体を思うのならスイーツは与えない方がいいですね。

ダメ・いけない!猫が食べてはいけない食べ物を与えないように!

美味しいものを分けてあげたいと言う気持ちはわかります。

しかし猫のことを考えるのなら、人の食べ物を与えるのは止めましょう。

 

猫の健康管理ができるのは、私たちです。

あげると喜んで食べるからと言ってあげてはいけませんよ。

 

我が家の子ども達にも、このことはしっかりと言い聞かせています。

 

せばな~