昼間しっかり働いたら、疲れますよね~

早く布団に入ってぐっすり休みたい。

疲れた体を休めるのに手がいっぱいで、ダイエットまで時間が取れない。でも痩せたい。

 

そこで楽に痩せれて寝れる「寝相ダイエット」というのがあるんです。

 

そんな、「寝相ダイエット」とは、どんな方法で、効果は?

 

ということで今回は、寝相ダイエットの方法や効果について紹介します。


スポンサーリンク

寝相ダイエットの方法・効果は?

寝相ダイエットの方法

ダイエットに適した寝方は、仰向けです。

寝相ダイエット 方法
(画像引用元:https://mainichigahakken.net

 

あおむけで横になると、骨盤がゆがみにくく、体に負担がかかりません。

体の重さを均等に支えるために、適度に体を支えるマットを用意しましょう。

これで体重が体に均等に分散された状態で、体に負担をかけずに寝ながら痩せることができます。

 

さらに寝る前にストレッチをすると、ぐっすりと眠りに入って、痩せやすくなります。

ストレッチは寝る15~30分前に行います。

ゆっくりと呼吸しながら腕や脚を伸ばすことで、副交感神経が刺激されて体が寝る態勢に入ります。

 

適度に体を動かして筋肉をほぐし、血行を良くすることで眠りに入りやすくなります。

質のいい睡眠は身体にもいい効果をもたらし、ダイエットにつながります。

スポンサーリンク

寝相ダイエットの効果

仰向けに寝ることで体に負担をかけずにダイエット効果を得ることができます。

 

7時間寝ると、筋肉量が減るという調査があります。

筋肉が減ると言うことは、その分痩せられる、と言うことですね。

 

お腹の脂肪が減る、という調査もあるので、仰向けで7時間寝ることによってお腹がすっきりしそうです。

 

また、寝る前にストレッチをすることで、

  • 筋肉の疲れをほぐして、血行を良くする
  • リラックスして、深い眠りに入りやすくなる
  • 仰向けの体勢で横になって、ぐっすりと眠りやすくなる

などの効果が期待できます。

寝相ダイエットの方法は仰向けで横になろう!効果を得て痩せれる?

仰向けで寝ていたはずが、起きたら横向きになっていた。

寝ている時のことまで分からないですよね。

 

寝やすい姿勢はあると思いますが、横向きやうつぶせで寝ていると、知らないうちに骨盤などにゆがみが出てきます。

知らない間に体にゆがみができていると、仰向けで寝るのが結構つらいです。

 

しかし寝る前に軽くストレッチをしてから、仰向けで寝るようにしていたら、だんだんと慣れてきました。

なんとなくですが、下腹が引っ込んできた気もします。

 

ダイエットのために7時間寝るんだ、と思って早めに布団に入って仰向けで寝る。

みなさんも、仰向けで寝て少しでもダイエットに効果を得てみましょう!

 

せばな~