ハンバーグの横に添えてある人参といえば甘くて美味しいですよね!

 

そんな甘い人参ですが、砂糖で煮れば間違いなく甘くなりますが、それ以外の方法で甘く煮る方法は無いのでしょうか?

 

ということで今回は、人参を甘くする方法をまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

人参を甘くする方法!甘みを引き出すコツや煮るポイントは?

基本の人参を甘く煮るレシピ「グラッセ」の作り方

人参 甘くする
(画像引用元:http://image.excite.co.jp

【材料】

人参…1本
水…300c
砂糖…大さじ1
塩…少々
バター…10g

 

【作り方】

①人参の皮を向き長さを3等分、縦に4等分ほどに切る
②人参を面取りをする※煮崩れにして見た目が悪くならないように
③鍋に人参と他の在留全て入れて弱火で煮る

甘くする方法

グラッセでは煮詰めすぎない

グラッセで水分がなくなるほど煮詰めてしまうと、照りが悪くなってしまいます。

 

そのため、煮詰めすぎずに、バターと砂糖が含んだ水分が少し残るぐらいにすることで、バターが入荷して照りを出してくれます。

レンジで予め温めおく

人参を予めレンジで温めておくと、柔らかくなるだけでなく、甘みが溶け出さずに甘みが増します。

 

野菜は加熱によって繊維が破壊されて甘みが出ますが、煮たり焼くと甘みが溶け出してしまいます。

 

その点レンジは水分だけが抜けて、味が凝縮されています。

それだけでなく、甘みが外に出ているので、舌に甘みが触れやすくなり、甘みを感じやすくなるのです。

スポンサーリンク

栽培自体で甘くする

品種によりますが、人参は土に栄養分が少ないほど、深く根を伸ばして甘くなる特性があります。

 

そのため、栽培する際は肥料が多い栄養分の多い土だと、太く枝別れてしまう可能性があるのです。

 

また、人参が深く根を伸ばして甘くなる特性を知っているなら、スーパー等で選ぶ時も深く根を伸ばしている人参を選んだほうが良いということですね。

砂糖なしでも甘くなる方法

砂糖なしでも先程の「グラッセ」の作り方でも十分人参の甘みを感じることが出来ます。

 

他にも皮を剥かずに丸々一本を蒸し器に入れて蒸すと甘くて美味しくなります。

 

ただし、これは人参の素材そのものの甘みだけを活かしているので、素材そのものが悪いと甘くならない可能性もあります。

人参を甘くする方法!甘みを引き出す煮方等と色々!

栽培方法から、煮方等といろいろ人参の甘くする方法と言っても色々あります。

 

みなさんも興味があれば、自分にあった人参の甘くする方法で甘くて美味しい人参を作ってみてはいかがでしょうか?

 

せばな~