ひき肉を使った料理はいろいろありますが、常備菜として便利なのが肉味噌です。

 

日持ちのしないひき肉に味付けすることで、おかずが少ないなと言う時にサッと使えて便利ですね。

 

ご飯に乗せて食べるくらいしか思いつかない、そんな残念な声も聞きますので、今回は肉みその作り方とアレンジレシピを紹介します。

帰ってきて時間がない時も、これでサッとご飯が食べられますよ。


スポンサーリンク

肉味噌の作り方とアレンジレシピは?麻婆豆腐や丼やパスタと万能?

肉味噌の作り方

まずは基本の肉味噌の作り方です。

肉味噌 アレンジ
(画像引用元:https://imgcp.aacdn.jp

豚ミンチが多いですが、鶏でも牛でも、牛豚でもOKです。

 

【材料】

豚ミンチ  200g
生姜    一かけ
調味料
・味噌   大さじ3
・酒    大さじ3
・砂糖   大さじ2
・醤油   大さじ3

 

【作り方】

①生姜はすりおろし、調味料は先に混ぜておきます。
②フライパンに油を引き生姜を入れて香りを出します。ごま油があれば風味がつきます。
③ひき肉を加えて火が通ったら、合わせた調味料を加えます。
④水分がなくなってきたら、ごま油をさっと回し入れて風味をつけて完成です。

 

辛い味付けが好きなら、豆板醤やラー油を入れてもいいですね。

 

味噌の風味を強くしたいときは、味噌を増やしましょう。

 

白ネギを加えたり、ゴマを加えたり好みでアレンジしてください。

お手軽メイン肉味噌アレンジ

肉味噌といえば、まず思い浮かぶのが丼です。

肉味噌 アレンジ
(画像引用元:https://www.kyounoryouri.jp

アツアツご飯に肉味噌をのせて、真ん中に生卵を割り入れます。

 

ほぐしながら食べると、あっという間に完食。

 

子どもの場合は、炒り卵を作って、卵と肉味噌の二色丼はいかがでしょうか。

絹さやを千切りにして、三色丼もいいですね。

 

ご飯と混ぜておにぎりにすると、お弁当として持って行くことができます。

肉味噌 アレンジ
(画像引用元:http://lovinghut.jp

最近は具とご飯を別にして持って行けるお弁当箱があるので、学校で二色丼や三色丼を作ることもできます。

肉味噌のおかずアレンジ

マーボーに

肉味噌 アレンジ
(画像引用元:http://mr.gnavi.co.jp

マーボーナスやマーボー豆腐もひき肉を使いますね。

 

肉味噌ならすでに味がついているので、ナスや豆腐と一緒に鍋で温めるだけでおかずになります。

スポンサーリンク

パスタに

肉味噌 アレンジ
(画像引用元:https://image.space.rakuten.co.jp

ミートソースのようにも見えるので、パスタと絡めてもいいですね。

ショートパスタだとお弁当のおかずにもピッタリです。

麻婆豆腐や丼にアレンジと何でも合う肉味噌

居酒屋でキュウリとキャベツと一緒に出てきたのが、肉味噌を知った最初でした。

そのため、酒のあて、というイメージしかなかったのですが、余った肉味噌を何とか使おうと考えていたら、実はいろいろな素材と合うことが分かりました。

 

ふろふき大根にゆず味噌を作っていたのですが、肉味噌も合います。

他にも焼きなすや冷ややっこにも合いました。

子どもたちは肉味噌キュウリにマヨネーズをかけて食べていましたね。

 

肉味噌の半分だけ豆板醤をいれて大人用子供用に分けていますが、子ども用の方が先になくなる程です。

 

ひき肉が余りそうなときはぜひ作ってみてください。

 

せばな~