美味しい牛肉ですが乳牛とはちがい、当たり前ですが肉を食べる目的として飼育されています。

 

そんな肉として食べる用の牛は乳牛のように牛乳が出て、飲むことが出来るのでしょうか?

 

ということで今回は、肉用の牛の牛乳は飲むことが出来るのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

肉用の牛の牛乳は飲める?

牛の種類とは?

日本で家畜用にされている牛は大きく分けて2種類。

肉用の黒毛和種と、乳用のホルスタイン種です。

肉用 牛 牛乳
(画像引用元:http://www.sennaritei.co.jp

私たちが一般的にランクの高いお肉から想像する「黒毛和牛」などが、まさに肉用牛の一種です。

 

肉用牛は肉質が良く、小型なので飼育のために必要な場所が少なく済みます。

 

ただし、成育するまでの餌代もかかります。

 

繁殖用の雌牛が必要で、繁殖農家と肥育農家それぞれに別れているのでコストもかかります。

 

そのため肉用牛のお肉は高値で取引されるのが一般的です。

スポンサーリンク

肉用牛のお乳を飲むことはできる?

肉用牛であっても乳用牛であっても牛は牛、牛のお乳は牛乳、という事実には変わりありません。

 

そのため、殺菌さえすれば肉用牛のお乳も飲むことはできます。

肉用 牛 牛乳
(画像引用元:http://黒毛和牛.com

ただし、乳用牛は体が大きく子牛が飲むお乳の量も多いのに対して、肉用牛はお乳を飲む量が少ないのです。

 

そのため、一般的に流通させるほどの乳量は期待できません。

 

また日本で求められる牛肉はきれいなピンク色でサシが入ったお肉がほとんど。

そのため、肉用牛専用の飼料を食べさせたり、品種改良がされたりします。

 

乳用牛にはもちろんお乳がたくさん出るような飼料が用いられるので、その意味でも全く違うお乳が出るという事になるのです。

 

肉用牛のお乳を飲んでみたとしても、私たちが普段から慣れ親しんでいる牛乳の味とは別物なのかもしれません。

栄養価も多少変わってくるとみられています。

肉用の牛の牛乳は飲める!

私は牛乳が大好きなので、肉用牛の牛乳もちょっと気になります!

 

飲んでも害がないのは確かめられました。

みなさんも、機会があればぜひ飲んでみてください。

 

せばな~