皆さんニンジンを食べていますか?

食卓にカレーや肉じゃが等と家庭の料理にはよく使われるニンジン。

通常ニンジンは皮をむいて食べるのが普通ですよね。

 

そんなニンジンの皮ってなんとか料理で再利用することは出来ないでしょうか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ニンジンの皮を再利用?人参の皮はむかなくてもいい?

ニンジン 皮

ニンジンにはベータカロチンが豊富でビタミンCも含まれています。

 

ベータカロチンは免疫力を高める効果でガンや動脈硬化の予防や、粘膜を強くする効果もあり風邪の予防にもなります。

ビタミンCはメラニンの色素を防いでシミ・ソバカスの予防になります。

あとは食物繊維もあるので便秘の解消で腸が整い肌もよくなります。

 

そんな栄養が有るニンジンですが、実はその栄養は皮に豊富です。

ですから栄養面を考えるとニンジンの皮はむかずに食べたほうが良いです。

ニンジンの皮は皮ではない?

そもそも皆さんがニンジンの皮だと思っている所は皮ではありません。

 

本当は「内鞘細胞(ないしょうさいぼう)」という薄い膜で、出荷される際に洗浄されて「内鞘細胞」が取れるので、皮がむけた状態で店頭に並んでいます。

ですので、皮をむくと言っていますが皮はそもそもむけているので”むく”という表現もおかしいのです。

でも皮は料理に入れたくない!そんな時の料理方法は?

しかし、ニンジンの皮の部分も使って入れると食感・見た目も悪くて、何より農薬が付いているから体に害がありそうと思います。

 

野菜に付いている農薬は水溶性なので基本的にしっかり水洗いをすれば食べれますので大丈夫です。

後は、見た目や食感が悪くなるからむいたニンジンの皮をどう調理するかが問題かともいます。

スポンサーリンク

ニンジンの皮利用方法~きんぴらで炒める~

ピーラー等で向いた皮は細くてきんぴらにしやすくそのままゴボウ等と混ぜて炒めてきんぴらが良いです。

これでしたらニンジンの皮とゴボウの食感を楽しめて美味しく食べれます。

ニンジンの皮利用方法~茹でて野菜と混ぜる~

ニンジンの皮を茹でることで柔らかいすることで食感も気にならず、他の野菜とも合わせて気にならないです。

見た目が悪いならニンジンの皮を細切りにするのでカバーできます。

ニンジンの皮利用方法~揚げてチップスに~

ニンジンの皮を揚げることてお好みで塩で味をつけるだけで酒のさかなになります。

ニンジンの皮は栄養豊富で本当は皮でもない!気にならなければむかない!

ニンジンの皮は栄養が豊富ですので実はそのままが良いです。

しかしどうしても皮をつけたままが嫌なら、別で調理してみてください。

 

そうすることで、ニンジンの栄養をまるごといただけます!

 

まぁ本当は皮ではないんですけどね…

ただ皮と言わないとわかりづらくなるから言っているだけですね。

 

そんなニンジンの皮も栄養のため食べてみてください!

 

せばな~