葉物野菜でニラレバの主役であるニラ!

他にもニラ玉等と野菜ですが、名前には名乗り出るほどの存在感がありますよね。

 

そんなおいしいニラですが、長時間保存していたらしなびてしまい、料理で使っても食感がしなしなで美味しくなくなった経験はありませんか?

 

ということで今回は、ニラがしなびてしまった時の復活法を紹介します!


スポンサーリンク

ニラがしなびた!しなしなから復活させる方法は?長持ちさせる保存法は?

ニラの保存・長持ちさせる方法は?

ニラ しなびた

まずはニラをしなしなにしないように保存方法を紹介します。

やはりしなしなを復活出来ると言っても未然に防いでおけば、そういった手間も無くなりますからね!

 

ニラの場合は使いたい長さに切って袋に密封して入れるのが基本です。

そうすることで自分が使いたい分だけ解凍して、効率よく料理ができます。

 

他の方法ではタッパーにニラを入れてひたひたになるまで水を入れて保存してください。

水を入れた場合は10日間過ぎてもシャキシャキのを維持できます。

しなびたニラを復活させる方法!

50℃のお湯に浸す。

実は、野菜はお湯のほうが水より水分を吸収してくれます。

水分を吸収するだけでなく悪も取り除く事もできます。

 

【手順】

①ニラをざっくり切ります。

②切ったニラを50℃のお湯に2分ほど浸します。

※お湯を作る際は100℃のお湯に水を一対一で入れれば簡単にできます。

砂糖と酢を入れた水につける

砂糖には水分吸収を促進する働きがあり、酢には抗菌作用と野菜の鮮度を復活させて、ビタミンC等の栄養を抜けるのを防止します。

 

【手順】

①水に砂糖と酢を大さじ1杯入れます

②しなびたニラを10~20分ほどつけます。

スポンサーリンク

氷水につける

短時間でできるので、時間のない人におすすめです。

 

氷水につけると、野菜に含まれている塩分によって水分吸収する働きをしてくれて復活します。

また長時間浸けるとビタミンCが流れたりと風味を損なったりと、かえって悪くなるので短時間浸けるようにしましょう。

 

【手順】

①氷水にニラを短時間浸ける

しなびたニラを復活!もうしなしなのニラレバは作らない!

いかがでしたでしょうか?

 

これでしなびてしまったニラもあら不思議!

 

シャキシャキとなっておいしいニラレバなり、ニラ玉等を作ってください!

上記の方法は葉物野菜でしたらどれでも有効ですので、みなさんもお試しください。

 

せばな~