個人的にラーメンの具の一品にあると嬉しくなる煮玉子!

 

ゆでたまごが嫌いな人がいないのと同じく、煮玉子も嫌いという人はそんなにいないでしょう!

あの味が染み込んだ具合が良いですよね。

 

しかしいざ自分で作ってみるとどうやって味が染み込んだ煮玉子を作ればいいのか知っていますでしょうか?

 

ということで今回は、煮玉子の味の染み込ませ方、早く染みこませる方法を紹介します。


スポンサーリンク

家でも簡単に!煮玉子の味の染みこませる・早くしみやすくする方法は?

煮玉子 染み込みやすく

煮玉子にする前に卵の湯で時間によって半熟にするか、ある程度固めにするかによっても好みが変わりますよね。

 

半熟にするなら6~6.5分ほどで、それ以上にすると固めに仕上がります。

煮玉子染み込ませやすくする方法

温かいうちに…ゆっくり染みこませる

煮物でもそうですが、卵が温かいまたはタレを煮込んで温かい内に具を入れることで染み込みやすくなります。

 

そして温度が下がる時に染み込みやすくなるので、火を止めてゆっくりと冷ますことで染み込みます。

袋に入れる!

味をじっくり染み込ませるならジップロック袋等に汁ごと卵を入れます。

 

袋に入れることで、少量でも卵全体に汁がついて効率よく染み込みます。

キッチンペーパーで?

汁を染み込ませたキッチンペーパーをゆでた卵に全体に被せます。

 

こちらもジップロック袋と同じく少量のタレでも効率よく染み込みやすくなります。

そして容器に入れて漬けます

スポンサーリンク

番外編!どんなタレで漬け込めばいい?

基本的には、醤油、みりん、砂糖と組み合わせて調味料を作りますがめんどくさいと思う場合もありますよね。

 

その際は、焼肉のタレ等でも十分美味しいです。

特によく使われて失敗しないのは「めんつゆ」で、これ一本で解決で問題ありません!

 

また煮玉子を日持ちさせたい場合は殺菌・抗菌作用のある酢を混ぜると良いです。

味を染み込ませてラーメン屋と同じ煮玉子を作る?早く染みこませる!

カレーと同じで、嫌いな人はいないだろうと個人的には思っている煮玉子。

 

上記の方法で染み込みを時短させて、おいしいラーメン屋のような煮玉子を作ってみましょう!

そしておつまみや、ラーメンの具等にご活用ください!

 

せばな~