日本人のソウルフードと言っても過言ではない焼きそば。

香ばしいソースが絡んだ麺や具は四季や場所を問わずいつでま食べたくなりますよね。

 

そんなソウルフードの日本3大焼きそばとはどんなものなのでしょうか?

 

ということで今回は、日本3大焼きそばとはどんな焼きそばで、味や麺の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

日本3大焼きそばとは?味や麺の違いは?

日本3大焼きそばとは?

2000年以降、地方の町おこしの一環で地方B級グルメを売り出す地域が増えてきました。

 

そんな中で2002年に、焼きそばを町おこしとして提唱している3大都市がPR協力のために「三国同麺」を結んだのが始まり

日本3大焼きそば
(画像引用元:http://dailytopic.jp

三国同麺に参加している「富士宮焼きそば」「横手焼きそば」「太田やきそば」を日本3大焼きそばとして、全国的にPRをしています。

富士宮焼きそば

静岡県富士宮市で愛されているソウルフードの富士宮焼きそば。

日本3大焼きそば
(画像引用元:https://www.jalan.net

 

蒸し麺をそのまま油でコーティングした麺は水分が少なくコシが強いのが特徴です。

 

この蒸し麺は富士宮市内の特定の製麺所で作られたもので、これ以外の麺を使うと富士宮焼きそばを名乗ってはいけないというルールまであるそうです。

 

具材としてラードを絞った後の肉カス・キャベツ、トッピングには魚の削り粉・紅生姜・青のりが必須です。

 

ラードで炒めることによってコクを出し、辛口のソースで味付けされるのが特徴です。

横手焼きそば

秋田県横手市のソウルフードは横手焼きそば。

日本3大焼きそば
(画像引用元:https://shopping.c.yimg.jp

 

太くてまっすぐなゆで麺を使うので、柔らかいのが特徴。

ソースはやや甘口でサラッとした薄口ソースをたっぷり使います。

 

具材としては豚肉、トッピングには目玉焼きと福神漬けが欠かせません。

 

食べる時に目玉焼きの黄身をソースと混ぜ合わせて、麺に絡めて食べると格別のおいしさです。

スポンサーリンク

太田焼きそば

太田焼きそば(上州太田焼きそば)は群馬県太田市を中心とした地域で愛されている焼きそばです。

日本3大焼きそば 違い
(画像引用元:https://icotto.k-img.com

 

群馬県太田市には戦後の高度成長期に富士重工を始め数々の工場が立ち並んでいました。

 

そこに出稼ぎに来た全国各地の人々の胃袋と心を満たすために様々な味で作られたとも言われています。

 

焼きそばはボリュームたっぷりで、汁がなく、冷めても食べられるので工場で働く人たちにとって欠かせない食べ物だったようです。

 

太田市内に立ち並ぶ焼きそば屋さんは60店以上にもなるそうですが1店1店オリジナルの味で、食べ歩きをする人も多いそうです。

全日本3大焼きそばとは?味や麺の違いを知るため食べ比べる?

日本人にとって欠かせないソウルフード、焼きそば。

他にも地方によって特徴ある焼きそばが様々あるので、そちらも気になるところです。

 

みなさんも日本3大焼きそばを食べてみませんか?

 

せばな~