腸内環境を整えたり、どっちも体に良いよと「乳酸菌」「ビフィズス菌」がよくまとめて言われることの多いです。

 

そんな、「乳酸菌」「ビフィズス菌」の違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、乳酸菌とビフィズス菌の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

乳酸菌とは

乳酸菌は人体だと小腸に主に存在して、乳酸を作りだします。

乳酸菌 ビフィズス菌 違い
(画像引用元:http://www.morinaga-mammy.com

 

乳酸菌は、ヒトや動物の腸管や漬物などの発酵食品、自然界などに生息しています。

人の体の中では、特に小腸に存在します。

 

そんな、乳酸菌酸素があっても発育できる、通性嫌気性の菌です。

糖を分解して、乳酸を作りだします。

 

ちなみに、「乳酸菌:ビフィズス菌=0.1:99.9」の割合で存在しており、ビフィズス菌に比べてかなり少ないです。


(画像引用元:https://www.glico.co.jp

スポンサーリンク

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は人体だと大腸に主に存在して、乳酸と酢酸を作りだします。

乳酸菌 ビフィズス菌 違い
(画像引用元:https://image.biccamera.com

 

ビフィズス菌は、ヒトや動物の腸管に生息し、人の体の中では、特に大腸に存在します。

酸素があると発育できない、偏性嫌気性の菌です。

 

人の腸の中には、乳酸菌の数百倍のビフィズス菌が住んでいます。

糖を分解して、乳酸と酢酸などの有機酸を作りだします。

 

酢酸は殺菌効果や抗炎症作用があり、腸の活動を活発にして病気を予防する効果が期待できます。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは生息地?腸内環境を整えるため大事!

乳酸菌もビフィズス菌も腸内環境を整えるためには大切な菌です。

小腸、大腸と主に生息する場所が違いますが、健康を維持するためにはどちらも大切です。

 

腸内に多く住みついている乳酸菌とビフィズス菌ですが、ストレスや加齢によりどんどん減っていくのが現実です。

腸内環境のビフィズス菌は、赤ちゃんの時は99%以上あるのに、大人になれば10%前後まで減ってしまうと言われています。

 

減った分悪玉菌が増えたのかと思うと、体調が悪いのもうなずけますよね。

これは積極的に増やしていくしかない。

 

みなさんも、腸まで届く乳酸菌や腸まで届くビフィズス菌等と多くの商品が出ているので、積極的に摂って腸内環境を整えていきたいですね。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません