先日「おにぎりダイエット」という言葉を耳にしました。

 

糖質制限や炭水化物抜きダイエットをする人が多い中、まさかのおにぎり!?

 

いったいおにぎりダイエットとはどんな方法で、太らないのでしょうか?

 

ということで今回は、おにぎりダイエットとはどんな方法で、大丈夫なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

おにぎりダイエット方法?食事例は?運動なしで注意点は?

おにぎりダイエットとは?

おにぎりダイエットとは1日に決まったお米の量ご飯をおにぎりにして1日かけて食べる、というダイエット方法です。

おにぎりダイエット 方法
(画像引用元:https://i1.wp.com

白米ダイエットとも言われるこのダイエット、朝炊いて分割したご飯をおにぎりにしてしまっておくと手軽なことから「おにぎりダイエット」として親しまれています。

 

日本人は元々ご飯を主食とした菜食を主としていました。

 

近年食の欧米化が進んだことによって本来の食事スタイルと変わってしまったことによって太りやすい体質になってしまった方も多いそうです。

 

これを改めて本来の日本人の食生活に戻すためのプログラムが、おにぎりダイエットなのです。

おにぎりダイエットの方法は?

まずは朝ごはんを1合~3合(ご自身の食べる量に合わせて)炊きます。

炊き上がったら6等分に分けておにぎりを作ります。

 

脂肪分の高いツナマヨネーズ、明太子マヨネーズなどを避ければ好きな具材を入れることができます。

 

このおにぎりを朝に1~2個、昼食2~3個、夕食に1個の割合で食べていきます。

おにぎりダイエット 方法
(画像引用元:http://butapedia.com

 

低カロリーな具材であればお味噌汁やおかずを追加してもOK!

これを最低でも3週間は続けます。

 

これが本当にダイエットなの!?と思ってしまうような画期的なダイエット方法ですね!

スポンサーリンク

おにぎりダイエットの注意点は?

先にもお話ししたように、おにぎりダイエット中のおにぎりの具や一緒に食べるおかずはできるだけカロリーの低いものにします。

 

おにぎりの具なら梅干し、昆布、おかか、海苔やふりかけなど。

おかずとしては納豆や豆腐などでできるだけタンパク質を補うようにして、野菜たっぷりのお味噌汁やサラダなどを合わせれば栄養バランスも良くなりますね。

 

逆に魚や肉、果物は控えて、お菓子は厳禁です。

 

そしておにぎりダイエット中にはアルコールや炭酸飲料、ジュースは飲まないようにします。

おにぎりダイエット方法で食事!正しい方法で注意して

量と具材だけ考えれば、最悪コンビニでも全てが手に入る「おにぎりダイエット」。

手軽で周りの人などにも気を使うこともなく、始めやすいですよね。

 

おにぎりダイエットで3週間を過ごすと、自然とジャンクフードを欲しなくなったりヘルシーなものが食べたくなったりするという変化も得られるそうです。

 

手軽なのに、その後の生き方まで変わってしまうかもしれないおにぎりダイエット、みなさんも挑戦してみてはいかがですが?

 

せばな~