出掛ける日は作り置きできるおでんが便利ですよね。

 

そんな定番のおでんですが、似たようなポトフとの具体的な違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、おでんとポトフの具体的な違いを紹介したいと思います。




おでんとポトフの違い

おでんとは

おでんとは日本の家庭料理で、 野菜や練り物、肉類を出汁で煮込んだ料理です。

そして、おでんのことを和風ポトフと呼ぶことも出来ます。

おでん ポトフ
(画像引用元:https://static.blogos.com

 

明治時代には今のように出汁がたっぷりのおでんが東京に登場して、全国に広まりました。

 

昭和になって家庭料理として定着していきましたが、以下のように地域によって具がいろいろとあるのもおでんの楽しいところです。

  • 関東 はんぺん ちくわぶ
  • 関西 コロ(クジラの皮) さえずり(クジラの舌) 湯葉
  • 静岡 黒はんぺん
  • 北陸 くるま麩
  • 四国 じゃこ天
  • 九州 馬すじ(馬のすじ肉)
  • 沖縄 豚足 ソーキ(豚の骨つきアバラ肉)



ポトフとは

ポトフとはフランスの家庭料理で、牛肉やにんじん、玉ねぎ、ジャガイモなどを香辛料やコンソメ、香草などで味付けしたスープで煮込む料理です。

pot(鍋)feu(火)で「火にかけた鍋」を意味し、ポトフのことを洋風おでんと呼ばれています。

おでん ポトフ 違い
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

具と一緒にスープも食べますが、具とスープは別々の皿で出されることが多いです。

 

鍋の中では塊肉を煮込みますが、お皿に盛りつける時に食べやすい大きさにカットします。

牛肉の代わりに、ソーセージなどを使うこともあります。

各国に似たような煮込み料理があります。

おでんとポトフの違いは味と国!煮込んで美味しい!

具を出汁でたくのか、香辛料でたくのかと、おでんとポトフはスープの味と国の違いのようです。

 

我が家のおでんには、大根、鶏肉、こんにゃく、ちくわ、練り物が入ります。

時々、大根、鶏肉、こんにゃく、ちくわ、にんじん、ソーセージでポトフを作ります。

 

みなさんも、ポトフとおでんの違いを知り、今夜の食卓にご活用してみてください。

せばな~